メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

A daily event

今年の桜は長かったですね~♪

気がついたら
今日はもう4/30です!

北海道では
ちょうど桜が満開とか・・・。
image
image

image

image
image

image

image

桜をみると




母を思い出します。



image



Me ke aloha pumehana

また、1歳・・・

年をとりました。
image

という、年になりました(笑)
image

image


多分
image

あまり
image

大きく変わることが
image

そんなにこの年なので
image

できないと思いますが
image

いい加減
image

私らしく
image

生きていきたいと思います。
image

見守っていてください。
image

image

image


47の時、
何をどう考えてた?って
今更
母に聞きたくなりました。
image


応えてもらえないけど。

Me ke aloha pumehana

神様からの借り物

人の命は
神様から借りているものだという人もいる

死ぬ時にそれを返却する

命と言うのは
有るか無いかだけのものではない
蝋燭の様に
明るく燈っている時もあれば
か弱く消えそうな時もある

蝋燭の灯が人の寿命だとするなら
死に向かって減り続けるかわりに
炎や煙になって天に昇っていくのではないか?
image


燃えることで
少しずつ命を削っているのだけれど
それは高く昇るための変換ともいえる

借り物だから
適当に扱うという人がいれば
借り物だからこそ
丁寧に扱うという考え方もあるだろう…

命…人生も
授かりもの預かりものと考えれば
何か違って見えてくることもあるよね

Me ke aloha pumehana。

新年、明けました♡

あけましておめでとうございます。
image

今年も
どうぞ
よろしくお願いします。

2016年も色々ありました。

やっといただけた
博士の学位に甘んじて
何もしなかった1年…(*´-`)

だから
今年こそは
関東に根を下ろせるように
頑張りたいと思っています、

と、言いながら
年末年始は
大好きな広島に戻りました。

年末は
姪の誕生日。
image

image

image


そして、黒瀬の地域と
相変わらず繋がらせていただいてるので
地域訪問。
image

image

image

最近はお休みの時にやると
お孫さんなども来られ、
7歳から86歳までの
世代間交流となっています。
image

今回は、流行りの
『恋ダンス』を
皆さんで踊りましたよ♡

姪の誕生日もお祝いしてくださいました。
image


大晦日は宮島へ。
で、宮島一高い弥山登山へ!
image

image

image

上がって下がって…(*´-`)
image

image

いい年末でした。
image


お正月。
image

image

元旦は映画の日なので・・・。
image

夜はお節に飽きてトマト鍋。
image


2日は初売りへ(笑)
image

image


そして3日は、親戚の家へ。
駅伝も応援。
image

image

ラザニアを作ってくれていました。
image

image


そして夜…(*´-`)
image


食いだおれでした(笑)

東京に戻る。
image


東京にいらした、上原先生と
新春介護談。
image

image

いつも気にかけていただき
ありがとうございます。

ということで、
今年も始まりましたよ~。

来年は年女だしね。

何か結果を残したいね。

メケアロハプメハナ♡
(心から愛をこめて)

長崎にて…(*´-`)

とある東京のデパートで、クレジットカードを紛失して。
デパートのインフォメーションの受付嬢さんに泣きついて、結局見つかって。
それから、半年後、とある神奈川のホテルのロビーで、その受付嬢と出会ったんだって。偶然ってすごいなあって聞いてたら、その人が今16年付き合ってる彼女さんらしい。

「どうして結婚しないんですか?」って聞いたら「今彼女は、若くして介護が必要となったお母さんの看病を10年以上してるんですが、それを悔いなくやることが彼女の幸せなら、僕はいつまでも待てます」とのこと。「結婚はただの制度じゃないですか。その制度に振り回されてどこが幸せなんですか」。

長崎からその人は神奈川に住んでいる彼女さんに時々会いに来られるんだけど、介護してるお母さんの調子で、逢えたり逢えなかったり。「でも、僕は逢えなくても彼女が住んでいる近くのホテルに泊まっているだけで、心が安定して幸せなんです。それをこの16年つづけています」。この人は神かと思った…。

その人は、くも膜下出血を繰り返し、乳がんと精神疾患で苦しむ彼女のお母さんが、入れるグループホームとかを作りたいのが今の夢です、と語ってた。まだ、40歳になったばかりの彼女さんは、その話を聞く度に喜んでくれるそうで。 私も介護の仕事に興味あるからって。

嫉妬と妬みと怨みにばかり苛まれる私の恋愛観をひっくり返してくれた話しを、長崎で聞けたことが、今回の出張の成果かもしれない…(*´-`)
こういう2人をベターハーフというのかもしれない。
ココロから幸せになってほしいと本気で思った。

Me ke aloha pumehana

image
プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ