メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

Care Work

広島が大変なことになっとる~その4~

めちゃくちゃ悩んだ。

被災地広島から戻って
東京で普通の暮らしを送れば送るほど
広島のあの状況が脳裏から離れない。

「今週だけ、もう1度だけ行ってみよう」

また仕事の調整をさせていただき
土曜日の朝イチの授業が終わって
7月21日(土)も新幹線に飛び乗る自分がいた。

今回は大学も試験期間に入るので
学生は連れていけなかったが…。

7月22日(日)の朝イチ。
今回は、
妹、姪、甥、そして姪の友人、甥の友人と
6人でまた暑い暑いボラセンに向かった。
IMG_8790

また40分ほど歩いたが
先週に比べて自衛隊のトラックも少なく
呉に流れる道も混雑していない印象が。
IMG_8794

2日前教え子のお誕生日だったので
冷却グッズをプレゼント。
ハッピーバースデーを朝から歌った。
IMG_8791

高校生だろうが
現場に出る前にボランティアセンターの本部のお手伝い。
IMG_8799

IMG_8804

福島の教え子が何か足らないものはない?
と言われたので「土のう袋」と答えた1万袋の寄付が届いてた。
IMG_8802

ありがたいです。
IMG_8803

先週は公道が中心だったが
発災2週間目は個人宅のニーズに沿う形のボランティアが中心だった。
本部のお仕事がひと段落ついたら
個人宅へのヘルプへ。
なんで、この家が土砂にまみれているのかと思うような
立地の家がことごとくやられている。
IMG_8807

土砂の高さは60~70センチくらい。
IMG_8806
IMG_8812

雨が降ったときに、また家になだれ込まないように
溝を作ることを主にやるだけで
根本的な解決にはなっていないような気がするが…。

でも、とにかく15分やっただけで
ひっくり返りそうな暑さ…

お昼もおにぎり1つ。
IMG_8819

なんとか食べる。
IMG_8835

高校生も笑顔で疲れていますが。
IMG_8822

IMG_8823

おうちの方に
「この家の土砂がない姿を見てみたい気がします」というと
「土砂がなくなったとき、遊びにおいで」と
高齢のご夫婦に言われました。

でもそれはいつになるのか

検討がつかないくらい、ひどい土砂の量です。

いつ、普通に暮らせる幸せがくるのか。

家に帰ったら、暑さにやられて寝たきりでした。
IMG_8838


まだまだ現場の復興は無理です。

一緒に行った甥っこ(中3)のツイッターに泣ける。
この子ら、ちゃんと感じてくれてる。
FullSizeRender
FullSizeRender

広島が大変なことになっとる~その3~

7月15日(日)
三連休2日目。
IMG_8616

「なんでよー?!もう無理なんよー!」
朝からうだるような暑さの中、
災害ボランティアの受付中に響く泣き叫ぶ声。
振り返ると女性がボラセンの入口で地団駄を踏んで、
空を仰ぎ見て、子どものように泣いている。
そこへ地域の会長さんが行ってなだめておられた。
そして泣きながら去っていく姿をみた。
後でどうされたんですか?と聞くと、
「昨日隣の人の家の土砂の撤去には先にボランティアが入って、私の方が先にボラセンでニーズ受付したのに、なんでうちには来ないかと言いに来たんよ。色々依頼内容や必要人数なんかで順番が変わったんじゃないかと言ったんじゃけど...。あの人は、あんなに感情を表に出す人じゃないんじゃけど...」。
あの豪雨からちょうど1週間。
なんとか被災者の方たちは、様々な緊張感の中、
後片付けをされておられてきたようですが、
もう限界と怒りと疲れと情けなさが噴出してきている状況だった。
見ているだけで辛い。そこにいるだけで辛い、辛すぎる…。

じっとしているだけでも滝汗が朝から流れる。
その中で昨日よりも学生たちはスムーズに動いている。
一人の地元の民生委員さんが学生を捕まえて、
「ほら、あんたたちのことが載っとるよ」と
中国新聞をいただく。
IMG_8632

IMG_8611

時事通信社の方にも記事にしていただいた。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018071400526&g=oeq

学生もやる気になってきた。
IMG_8617

IMG_8621
IMG_8622

この日は、前日と違って
日曜日ということで、ボランティアさんも途中から
お断りするほど大勢こられる。
IMG_8620

教え子も必死に動いていた。
IMG_8618


途中、ニーズを受付ていると
どうしても見てほしいという方のお宅へ。
IMG_8624

そこで、できる範囲での土砂かき。
IMG_8623

でも、やってもやってもキリがない…。
被災者の方も冷房もかからない家の中や外で土砂かき。
倒れる一歩手前まで土砂かきをする高齢の方も多く、
もう止めてくださいとお願いしても
「休みたいけど、お隣さんが土砂の片付けをしとるのに、
自分がなんもせんのは申し訳ない」(70歳男性.談)。
一方、ボランティアさんたちも倒れていく。
「せっかく時間を作って遠くからきたし、
グループで動くからグループの人たちに休み休みやると
迷惑をかけるのが嫌だからつい...」(30代女性.談)、

何をやっても人手が足りない…。

学生たちは水をボランティアさんに届けに走りまわる…
IMG_8629

IMG_8630


あっという間に東京に帰る時間に。
防災士さんがせっかくなのでと
写真を撮っていただく。
IMG_8639

ボラセンを切り盛りしてる頼もしい多くの社協にいる教え子たちが、
倒れる寸前で動いている。
お願いです、倒れる前にスタッフの支援を、
彼らが1日だけでも休めるようになんとかしてやってください。
今こそ、福祉専門職が結集して、力を貸す時ではないでしょうか。
後ろ髪を引かれる思いで、学生たちと東京に戻った。

まだまだ現地では、人の手が必要です。
こんなにAIだのロボットが進化してても、こんな時は人の手と気持ちが必要なんですね。
自分も被災したであろう中学生が、小さなスコップとバケツを持って「僕達ができることはありますか?」と。
原則中学生だけでは、現場に入れないので、PTAの会長さんがその子たちに付き添って現場に入る。
みんな協力して、自分たちができることを探しながら、
このような状況の中でも生活を続けていっている。

私の生まれ育った町がこんな状況でいいんだろうか。

いろいろ考え始めると帰りの新幹線の中で涙が止まらなかった。
これってすでに災害ボランティア鬱になる前兆か...?
明日は現実に戻り、オープンキャンパスの仕事ができるのか?

まだ、あの女性の子どものように泣いている姿と泣き声が耳から離れません…

広島が大変なことになっとる~その2~

7月14日(土)
三連休最初の日。
朝5時起き。
その理由は、目指す矢野のボランティアセンターは
最寄りの駅まで電車がいかない!
一番近い海田市駅から徒歩40分…。

ということで、甥と出発。
IMG_8498


学生もひろって、朝からボラセンへ向かう。
CIMG6805

先日は大阪も地震で大変だったのに
大阪を初め、各地から自衛隊の方々が…。
CIMG6810
CIMG6815

ボラセンに近づくと民家に近くなってくるので
だんだん様子が見えてきて…
CIMG6816

CIMG6825


ボラセン開設初日。
みんなピリピリ。
簡易トイレも入ってくるくらい初日感満載。
CIMG6821

CIMG6822
CIMG6823

私はボランティアの受付、ニーズの受付。
学生はボランティアさんへの説明やマッチングの手伝い。
CIMG6827

CIMG6829

てか、土曜日なのかここがサテライトのボラセンなのか
ボランティアさんの数が足りない。
IMG_8524

だから、甥はさっそく力仕事。
IMG_8526
IMG_8527

私も一緒に。
IMG_8528

鍵がたくさん土砂にまみれてた。
これを探している人もいるだろうに…と思いながら。

少し落ち着いたあと、小学校へ避難所等を見にいく。
IMG_8530

教頭先生の許可をいただき、いろいろ案内をしていただいたが
CIMG6850

全員、絶句…

※小学校のグランド
CIMG6830
CIMG6831

※校庭の鉄棒
CIMG6834

IMG_8598

IMG_9058

土砂で1メートルほどある鉄棒が埋められているのはショックだった。
※校庭のサッカーゴール
IMG_8535

これらの土砂はどう片付けていくのでしょうか。
※川になっている校庭
CIMG6836

※鳥小屋
CIMG6848

※翌週が来なかった献立表
IMG_8558

※隣の保育園
IMG_8599

IMG_8538

IMG_8539

CIMG6840

そのまま小学校の横の民家へ…
CIMG6843
CIMG6845
CIMG6847
IMG_8546

IMG_8544

IMG_9057

あまりに酷すぎて、声を失う…。
※小学校の避難所
IMG_8554
IMG_8555

15人くらいの方が生活しているという。
でもあまりにひどい土砂の流れ方で、小学校に避難できなかった人もいたという…。
CIMG6852


当初15時までの支援のはずだったのに
あまりの暑さで、熱中症の方がどんどん出るので
急遽13時から14時で、この日は終了。

また40分かけて歩いて帰る。

せっかく広島に来たということで
平和公園に学生たちが行きたいというので。
IMG_8587

昼間のあの光景が嘘のような街中。
IMG_8593


明日も5時起きで、ボランティアに入ったあとは
東京に帰りますよ!

広島が大変なことになっとる~その1~

西日本の各地で発生したこのたびの記録的な豪雨により、
亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

「先生、広島に来れんですか?」

7月6日の未明から7月7日に起きた
西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で記録された
台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨。
実家の広島からも「やばいよ、川が大変なことになりよる」と連絡が。
IMG_8376

嫌な予感は的中。
7月7日に講演をする前に
あまりに酷い写真が送られてくる。
IMG_8455

IMG_8457

何が起きよるん?

前任校の方からもひどい写真が。
IMG_8420

IMG_8421
IMG_8411

巷ではサッカーのワールドカップで盛り上がっているというのに。
東京は、暑い毎日というのに。

4年前の広島の土砂災害のことが頭によぎる

http://yukojaro.blog.jp/archives/52351738.html
まさか、また広島が??

嫌な予感は的中。
それも広島のみならず、岡山、愛媛…。

それも、前任校を含め通勤途中の地域や
よく知っている地域がことごとく被害に…。

7月9日の月曜日。1本の電話が。
「先生、広島のボランティアセンターが開設します」
広島市社会福祉協議会に就職している教え子からだ。

そう、4年前、彼女は実習生として社協にいたところ
土砂災害に巻き込まれ
実習がすべてボランティアセンターのヘルプになった経験がある。
その時に私がいたことを思い出したのだろう。

「今週末は3連休です。
あまりに広島の被害がひどく、社協のスタッフが足りず
センターを運営した経験がある先生にいてもらったら
すごく心強いんですが、これませんか?」

えー!!

今週末は土曜日は授業だし、3連休の最終日の月曜日は
オープンキャンパスだし…。

無理無理無理無理…

「せんせ…( ノД`)シクシク…」

えー???

どうする?私。
無理をするのか。
あまりに無理をする日程になることを覚悟で
取り急ぎ、仕事の変更がかけれるか
頭を下げてまわってみた。

みなさん、同情してくださり、
なんとか、弾丸でいけそう。

7月10日の火曜日。
授業で
「私は行くつもりだけど
ついて来たい学生がいたら連れていく」
と、言ってしまったものの…。

なんと、4人も集まった。

行くしかない。

自分を追い込んで、追い込んで。

出発は7月13日の金曜日。

私にはラッキーな13日の金曜日。

その日の仕事にも頭を下げて
なんとか夕方の新幹線に学生を連れて飛び乗る。

3連休ということで
新幹線は満席。

なんとか広島に着き…
IMG_8485


学生を遅い時間に宿にチェックインさせ。

家に帰ると中3の甥が
「明日は僕もいく」とのこと。

行先は海田にある安芸区のボランティアセンター。
そのサテライトの矢野のボランティアセンター。

それも明日から開設。

そんなところで、足を引っ張らずに
教え子たちの手伝いができるのか。

不安いっぱいだけど
頑張れ、私。

それにしても、広島は暑い…

総会でした。へ~、そうかい(笑)

日曜日は埼玉県介護福祉士会総会でした。
朝も早かったので
テンションあげるために
アメリカンなものを。
IMG_7908

クリアなコカコーラゼロ。
でもスプライトな感じがするのは、私だけ?

1日、司会でした。
IMG_7935

IMG_7926

総会が始まり、
IMG_7909

IMG_7925

県からの研修会。
IMG_7913

記念講演は
中野先生からの
「地域に巻き込まれる介護福祉からまちづくりへ
~介護福祉士だからできること」というテーマで
医療介護連携などについてのお話がありました。

介護福祉士だから頑張れること
頑張ってほしいこと
地域とのつながり

明日から介護福祉士として
頑張れるお話をきけて
非常に良かったです。
IMG_7916

IMG_7919
FullSizeRender

ありがとうございました。
IMG_7924


それにしても、今週も休みがなかった。

疲れました…

Me ke aloha pumehana
プロフィール

yukojaro

記事検索
  • ライブドアブログ