メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

Movie

Do you remember Love?

映画も久々だね。

「アリスのままで」。


「シンデレラ」以降の久々ってこと(笑)


いわゆる「若年性アルツハイマー」がテーマだ。


主演のジュリアン・ムーアが
今年のアカデミー賞で
主演女優賞を獲得している。

学生と観に行った。
image

実は、私が大学時代に
やはり当時の先生から見せていただいた
TVドラマ(映画ではないらしい)に
アルツハイマー病と診断された女性の大学教授が主役、と言えば、
ジョアン・ウッドワードが演じた
「愛を覚えていますか/Do You Remember Love」という
涙なしには見られないドラマがあるんだけどね。


それとかなり重なった。


でも、内容は現代なので
いろいろSkypeやスマホを
駆使している場面が多く、
そうか、
これからの認知症や高齢者の方には
こういう環境因子があるのか…と
感心してみていた。

あと、この映画の監督さんは
ALSの方ということで
またまた驚いた。

大学時代にみたドラマは
字幕スーパーなんだけど、
その時のラストシーンで
「Do you remember love?」と
旦那さんが奥さんが
薄れゆく記憶の中で書いたものを
代読するシーンで最後に言う言葉があるんだけど。

22歳の私はその一言で
打ち砕かれて
やっぱりこの業界
(高齢者福祉)に進もうって
思ったもので。

それから、そのドラマを
NHKに問い合わせたりしながら、
なんとか吹き替え版を手に入れて、
授業のたびに学生にはみせてきたけど、
そのたびに泣けて…。

「アリスのままで」は
若年性認知症ということで
また泣けた。

学生が帰りに
「あの女優さん、演技ですよね?」って
私にわざわざ確認するくらい
主演のジュリアン・ムーアの
アカデミー賞ものの迫力ある演技は
訴えるものがあった。

101分くらいの映画だったが、
彼女のラストの一言のために
それまでの100分があったような気がする。

テーマはやはり
「Love」

最近、人前で話す時に
時たま言葉が抜け落ちる瞬間があって。

なんとなく、自分に置き換えて
映画をみていました。

人は
最後の最後、
薄れゆく記憶の中で
愛する誰を
思い出すのだろうか…

Me ke aloha pumehana

久々に映画のこと。

つい忙しさにかまけて
まったく映画を見に行けていませんでしたが
先日、立て続けに3本観てきました。

まず、「思い出のマーニー」


ジブリだし
始まったばかりだし
予備知識ゼロで
観に行きました。

が、
ラストになるまで
よく意味がわかりませんでした。

まるで、なんとなく
ハイジとクララみたいに見えるし。
結局、夢物語でずっと続いているように見えるし。
シーズン的に幽霊とのお話かとも思いました。

なんだ、この映画は…と
思っていると
ラストシーンで
「まぢ?!」ということに…。

ちょっと、ちょっと
巻き戻していい?と思う内容でした。

そこがわかった途端
泣けました…。

公開したばかりなので
あまり語りませんが
「あなたのことが大好き」をテーマに
観ていくと面白いです。
小さい子には途中まで、
ちょっと退屈かな。

次に「マレフィセント」


よく知っている
「眠れる森の美女」と思って観てはいけません。
めっちゃ違う話になっております。

最近のディズニーの
ラストの展開はこうなのか?
と思うくらい、
あのお姫様と王子様の展開ではない!
アナと雪の女王並みにビックリ(*_*;

もう、そういう時代じゃないのかしらん。

だから、泣けます。
アナ~のラストで泣ける人は泣けます。

でも、メイクとかの完成度は高い。
本作には彼女の子供も出演しているが、
そのクオリティの高さに思わず泣き出してしまったそうだ…。

一見の価値はあります。

そして、やっとというか
遂にというか、
東京にいるからこの時期に見れた
というか…。
「チョコレートドーナツ」


ずっと観たかったんですが
いろいろ春はバタバタしていて
やっと巡り会えたんですけど。

1970年代の実話を基に、
育児放棄されたダウン症の少年を育てた
ゲイのカップルの姿を描いた映画。

偏見と差別。

これがテーマ。

いい映画だった。
歌もいい。

でも、これが実話かと思ったら
福祉人として
40年経っても
何にも変わってないじゃんと思う。
変えてないじゃんと思うと
無性に腹が立って
(自分に)
隣の人が、ラストで号泣してたけど
まったく泣けなかった。

ただ情けなかった。

今日もこんな記事。

児童虐待、7万件超 23年連続で過去最多

なんでやねん。
全然、良くない。

でも、映画はいい映画でした。

最近暑い日が続くから、
映画館で涼むのも
いいかな。

Me ke aloha pumehana

夢破れて 愛に生きる…

Aloha~

今日は冬至。
一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。
ということで、Blog書いちゃお。

で、今日は今年最後の授業日だったので、
ゼミでクリスマス会をしましたん

オール、ファミリーマートさんに
お世話になりました。
これ、1万円のケーキ!
写真 (26)

これはファミマで扱っている辻利さんのケーキ!
写真 (27)

これはミルフィーユのケーキらしい…
写真 (25)

1度やってみたかったので
みんなに許可をいただいて
ケーキに直接~♪
写真 (22)
美味しかった~。
で、結局一口でもう胸がいっぱい
他に、こんなもんや
写真 (15)
写真 (19)

あんなもんまで
写真 (20)

みんなでワイワイ
写真 (24)


一方、みんなに募金をしてもらいました。
写真 (14)

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を乗り越え生まれたが
重い心臓病を患う1歳7カ月の命の灯を守るため、行なわれている募金に
少しでも協力しようということで…
http://www.minpo.jp/news/detail/201211285128
今日だけで25,000円も学生さんたちが入れてくれました。
ありがとね。

なんとなく気分が良かったので
夜はその足で公開初日の
大好きなミュージカル
「レ・ミゼラブル」に行っちゃいました!
写真 (21)
大ヒットミュージカルなので、
いろんな映画館でやっているからなのかな?
ガラガラで、ほぼ貸切状態でした

あのスーザン・ボイルが歌ったことでも
有名になりました『夢やぶれて』のシーン。
肉体的、精神的にもぼろぼろになる中、
涙を流しながらついにはその美しい長い髪と前歯を売り、
そして最後には娼婦に身を投じるファンティーヌ、
そのスクリーンには、娘コゼットを預けている夫妻に
その養育費を送り続けるためにも、
全てを捨て去り娘のために身を挺する一人の母親の姿が
スクリーンに映し出されました。
そんな中で悲痛と悲愴がにじみ出る歌声で歌われる
「I Dreamed A Dream(夢やぶれて)」。
娘にも会うことができず精神的にぼろぼろになり
涙を流しながら歌うアン・ハサウェイの姿には
正直固まって、涙だけがポロポロ…。
一発撮りという話も。


それにしても
“ウルヴァリン”のイメージが強い(?)
ヒュー・ジャックマンの歌声とかすげ~

もうラストシーンなんか
立ち上がって
「ブラボー!!」ってやりたくなるくらい
大興奮の壮大なミュージカル映画でした。
すっきりした涙が流せます…

お正月映画にとっておきたかったのですが
観てよかった

これも今日までだったようで
購入したし!
写真 (28)


年末モード、突入じゃ~

Me ke aloha pumehana

『最強のふたり』は、最高のふたり!

Aloha~

ついにというかやっとというか
行ってきました『最強のふたり
写真 (9)

金曜日の夜に満席の映画館って久々に体験。
ま、ひとり映画なんで、どこに座っていいんですが
明後日の研修会で絶対にこの映画の話をしたかったので
10分遅れてでも入り込みました

ストーリーは
映画『最強のふたり』は、全身麻痺の大富豪フィリップと
彼の介護をすることになったスラムの黒人青年ドリスが、
衝突を重ねながらも友情を築いていく姿を
ユーモアたっぷりに描いた作品。
フランス映画。実話。

全体的にストーリーは想像がつくのですが、
お涙ちょうだいでもないし
やたら感動するような作りでもないんだけど
ウィットにとんだ会話の数々にいろんなところで笑えて
終わるころには「明日から頑張ろ!」って思える映画でした。

最初は全然価値観も何もかも違うふたりでしたが
障害があろうとなかろうと相手を受け入れることで
お互いが変わっていき、一緒にいるだけで、
無敵なふたりになっていく…。

あまりいうとネタバレするので
これからの方のためにはこれ以上いいませんが、
福祉や医療関係の業界に関わる方はもちろん
一般の方にも積極的に観てもらいたい一本です。

同情なんかクソくらえ。
尊厳や自立支援やフツーの生活を支えるとかって
ひとつひとつしゃべるより
この映画観て!っていう方が遙かにわかりやすい。

いい映画でした。

ハリウッドでのリメイクが決まったようですが
フランス映画もいいですよ。
私は結構、フランス映画、よく観るタイプなので。

ともあれ
栄養ドリンクの様にスクリーンから
明日を歩むための元気をもらえる、
正に“最強の一本”です。
o0630042011566690386[1]


本当に最強の人と出逢うと
どういうことかわかる。
なんか無敵な気分にもなってくる。
それは、はじめてのキモチ。
今まで知らなかったキモチ。
それと一緒に出会うのは
初めての自分。
自分でしらなかった一面、
もうひとりの自分がいることを知る。
いくつもの感情。
いままでとちがう行動。
そんな新しい自分に
出会えるのはおもしろい。
変わるとき、
強くなれる時もそんなとき。

のぞんでいることは
シンプルなもの。
それは、そばにいられること。
そばにいて、
いろんな話ができて、
バカみたいに笑って
声が聴ける。

たったそれだけのこと。

そのキモチは
これからも
この先もずっとずっと
変わらない。

それが、今日も
明日も 明後日も
続くことが
1番の望み。

それが最強で最高のふたりになる。

あなたには最強で最高のパートナーはいますか?

Me ke aloha pumehana

サラの鍵~パリで行われたユダヤ人迫害~

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
Aloha~


世界史があまり得意でない私。


なので、恥ずかしながら
“ヴェルディヴ事件”って
知りませんでした。


「アンネの日記」とかによって
ナチスドイツによるユダヤ人迫害やアウシュビッツの存在は
よく知られていますが、
1942年にフランス政府が大々的に行った
「ヴェルディヴ事件」といわれるユダヤ人迫害のことを知る人は少ない。
1995年、シラク大統領の演説で初めて明らかになったその事実を
映画化した“サラの鍵”を観ました。


一言でいうと
衝撃的でした
私の中の“寝た子を起こして”しまいました。


そもそもことの発端は、1995年に(最近やん)
当時のシラク大統領が行ったスピーチらしいですが
大半のフランス人は
この「ヴェルディヴ事件」と呼ばれる悲劇について
ほとんど何も知らされていなかった。
それだけに戦時中の1942年、
パリ中から集められたユダヤ人が、
急きょヴェルディヴ(冬季競輪場)に詰め込まれ、
ろくな宿泊施設もない場所に何日も収容されたという衝撃の事実に、
フランス国民も困惑し、大きな衝撃を受けたという。
しかしそれは、パリとその近郊に住むユダヤ人1万3千人余が一斉に検挙されて、
屋内競技場に6日間押し込まれるという歴史的事件で。
その中には4千人余の子供たちも含まれていた。
そしてそのヴェルディヴからユダヤ人たちは、
フランス国内の収容所を経てアウシュヴィッツに送られたのだという。
何より衝撃的なのは、それがナチス・ドイツによって行われたのではなく、
フランス警察の手によって行われたこと。
しかも、その事実が当のフランス人に忘れられている、ということ。


パリ警察によるユダヤ人の迫害。


は?ナチスだけの話じゃなかったの?


それだけで衝撃的な話なのですが
ストーリーも切ない内容で。
フランス警察による突然の検挙により、
そのユダヤ人家族のひとり、少女サラは収容所に送られる。
その際、自分の弟を守るために彼を納戸に隠して。
すぐに戻って来られると思ったのだ。
しかし、サラ一家はまた別の収容所へと連行されてしまう。
その途中、どうしても弟を助け出すために脱出をはかるサラ。
弟を助けに行くのですが…。


真実を知ること。
それは時に辛いことで。


今週迎える
3.11に重なる。


被災者の方と向き合い
メディアの一方的な報道でなく
自分の目で被災地を見に行き
真実を知りたい。


忘れない。
目をそらさない。
傍観者にならない。
真実を知る。


私がこの1年行なってきたことと
重なるような気がした。


いろんな意味で
衝撃を覚えた映画でした。


ラストシーンは
涙、涙でした。


Me ke aloha pumehana
プロフィール

yukojaro

記事検索
  • ライブドアブログ