明日は
1年の中で最も日が長い夏至ですね。
梅雨の真っただ中、お元気ですか?

プラス、明日の夏至は
な、なんと372年ぶりの夏至の日食だそうで。
それも、1648年(慶安元年 徳川家光が将軍の頃)以降、
日本で夏至の日に日食が起こったことはないそうです。


話は変わりますが、
韓国では、夏至の日に今が旬の「じゃがいも」と「にんにく」を食べるんだそう。

ということで、
新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」におけるステップ3に移行したことで
新大久保に先日、行ってきました。
IMG_0219

密、密ということで、
1人1テーブル(笑)
IMG_0227

マスクの人は、ママさんです(笑)
IMG_0221

久しぶりなので、鴨を食べることに。
IMG_0223

맛있었어요『マシッソッソヨ」!おいしかったです。

家でも、ヤンニョムチキンを作ったり
チキンム作ったりしながら
IMG_0508

人生、NHKでやってた
「チャングムの誓い」はなんとなく
母がみてから、みてて、
「冬のソナタ」もちゃんとみたことのない人間が、
韓国ドラマを観るようになったということは
先日お話しましたが、
つ、ついに…
IMG_0253

Netflix に、それも韓ドラを観るために
加入してしまった…。

ああ、韓ドラの沼にハマっていく…

一応、これは記録として。

①トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜(とにかく観て!と言われたため)
IMG_0360

②コーヒープリンス1号店(①のトッケビ訳のコン・ユさんのブレイク作と言われて)
IMG_0363

日本でも舞台でやるくらい、人気だったのかな。
IMG_0364

②冬のソナタ(なぜ、このドラマが流行ったか、検証するため)
IMG_0361

③シークレットガーデン(お勧めされたから)
IMG_0366

④青い海の伝説(映画 猟奇的な彼女のチョン・ジヒョンさんが出ていて、お勧めされたから)
IMG_0362

⑤ヒーラー〜最高の恋人〜(姪っ子にどうしても見てと言われたから)
IMG_0365


まで、見終わったところで
Netflix に入ってしまって
現在、韓国で放映されている
タイムリーなドラマを観ることができるようになり
⑥ザ・キング:永遠の君主
72C7EA04-E3C2-4A8A-A3CB-73C33F059264-1350-0000009A35345648

の、7話までみた~。みたいな。
上記の①と④の俳優さんや女優さんが出ているので
観ているというだけなのですが…

まあ、韓ドラの沼にハマりこまないように
「1日1話!」と決めているので
観るのは遅いですが。
姪は、2日で20話くらいみてるということでしたが…

で、最近、韓ドラの見方を覚えてきた。
出だしで、あまり面白くなかったり
意味がよくわからなくても
5~8話くらいまで我慢してみると
結構、面白いことがわかってきた。
(1話は、短くて60分。長くて90分くらいある)

で、韓ドラのお決まりのパターンみたいなものがあるそうで…
そ、「韓ドラあるある」~

1. 昔も今も、貧乏女子は屋上部屋。
見晴らしのよい風景を見せてドラマの視覚的な効果を狙っているようです。

2. 主人公の母親はトラブルメーカーもしくは過去に何かやらかしている
「青い海の伝説」で主人公の実母は息子を思って身を隠していたけど、結果息子を苦しめていたし、養母はあからさまな嫌がらせをしてたし。
「シークレットガーデン」の主人公の実母、最悪だし。

3. 女性たちの争いにつき物なのが「水をかける」
現実では・・・
“男性に劣らず過激に全身を使って乱闘劇を繰り広げるのが常”
・・・だそうです。びっくり!

4. 一人の女性を間に素敵な二人の男性
このかっこいい男性がいるからこその韓ドラですよね~。
「トッケビ」なんか、最たるもの。

5.女性の主人公がおっちょこちょいで…可愛いです(*´∀`*)
さすが、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンさんのリアクションはホント、何度みても笑えるほど、かわいい。

6.主演俳優が回を重ねるごとにどんどんイケメンに見えてくる。ヒロインもどんどん可愛くなる。
これは、特に「トッケビ」のキム・ゴウンさんはホント、そういう女優さんだと思う。

7.主人公が幼い頃や物語中盤の幸せな時などに交通事故に遭い、記憶を失くしてしまう
「冬のソナタ」もそう。なぜか幸薄い…。
記憶喪失は、鉄板なのかな。

8.雪が降る。だいたい良いシーンは、雪が降る。雪、韓国では大事らしい。

9.大金持ちの御曹司が貧乏な家柄の女性に恋する 。
で、御曹司側がその女性と別れてほしいときには、お金を積む。
で、女性はそれを断る…。
「シークレットガーデン」はそれ、そのもの。
「コーヒープリンス1号店」も、そうかな。
あ、「青い海の伝説」なんかは、チョン・ジヒョンさん、ホームレスだったし…。
“現実ならばほとんど可能性0%の童話の話である。”・・・と記者の言葉。

そう、童話みたいなんですよねえ。
鬼や死神や人魚が出てきたり、
900年も生きてるとか、パラレルワールドとか、
実は以前、出会ったことがあるとか…

まあ、あまり頭を使わなくていいので
(時には、泣けるので感情が揺さぶられますが…)
寝る前にボーっとみるにはとても良い。

この後は、王道の
「愛の不時着」や「梨泰院クラス」「太陽の末裔」とか観たいですねえ。

あと、ドラマなのにものすご~く
OST(サントラ)がめちゃくちゃいいですよねえ。
暇さえあれば、ドラマのサントラを聞いています。

ちなみに、冬ソナ時代では
たしか…
ペ・ヨンジュンを筆頭に、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビンの
4人が四天王と呼ばれていたけど、
現在は新・四天王として
パク・ソジュン、チ・チャンウク(ヒーラーの主人公)
イ・ミンホ(ザ・キング、青い海の伝説の主人公)、イ・ジョンソク
という方々がささやかれているそうですが…。

私は、ドラマや映画の中で、
キラキラしている俳優さんや女優さんが好きなので
特に押しはないです(笑)

映画館に行けない分、おうち時間からの
韓流ドラマにはまり、今年の夏至を迎える私でした…。

Me ke aloha pumehana