昨年の7月~8月に
週間朝日で連載された
ヘルプマン!!取材記6巻が発売されました~。
IMG_0058

そうです。八木裕子編です(笑)
この、ボンドガールみたいな女性は
私をイメージして描いてくださったようで。
ボンドよりも前に出ているのもなかなか…。
ボンドが車いすを押してるのかな

ホントにありがたい話です。
介護漫画「ヘルプマン!!―取材記―」最新刊5月22日(金)3巻同時リリース
今日は、Amazonにコメントまで出てて
588D602D-7065-4E12-A5A5-B6AB212D46EA

「介護保険法が施行された2000年より8年前、老人保健法が改正された頃の体験を元に描かれたエピソード。大学で社会福祉士を目指す女子大生・八木裕子は、当時“措置制度”と呼ばれていた“地獄絵図”の介護現場を目の当たりにする。実習生の八木は、ひとり歩き続ける認知症の高齢者を寝かしつけるよう介護現場の職員から指示され、仕方なく老婆の部屋へ。その時、老婆と共に横になった八木に、コミュニケーション不能だと思い込んでいた老婆がすごく寂しい」と訴えかけてきた。この施設の夜勤は、その後、現場主義の教育者となる八木の貴重な原体験となった――。」
漫画の主人公も同姓同名にしちゃったのでこういうことなんですが…

私の21歳くらいの時の話で。
21歳って、何してたかなあと思いますが、
こんな「女子大生」(Σ(゚∀゚ノ)ノキャージョシダイセー!!)で。

現場主義者の教育者かあ。

うーん…。現場主義者じゃないと
福祉人を育てられないと
勝手に思ってますが、それは私だけじゃないのでは…。

でも、私の一番印象的な時代を
漫画にしてくださり
ホントに感謝しています。

くさかさんに初めて会ったときに
この話をしたことを
ずっと覚えていただいて
すごく嬉しいです。

今回は電子書籍での販売で
(時代ですね)

発売電子書店:Kindleストア、楽天kobo、iBooks Store、Reader Store、他電子書籍ストア
「ヘルプマン!!―取材記―」の6巻を是非是非です

私が介護の道を選んだきっかけを
漫画にしてくださっております。

kindleではこちら

ヘルプマン!! 取材記(6)

学生さんにも読んでもらいたいなあと思った
1日でした…

Me ke aloha pumehana