今週はいつもどおり
配信&販売されました。
先週は、ジャニーズが表紙だったからか
ネット配信が遅かったのですが...
恐るべきジャニーズ...
   FullSizeRender
隣の「引きこもり中年の衝撃」も気になるとこですが...。
         FullSizeRender
「すごく、さみしい...」と
佐藤さんが呟くところから
始まります、今回は。

痴呆(認知症)の人は
もう、何も分からないから
何やってもいいんです。

痴呆(認知症)の人は
守ってあげなきゃ
ケガするし、
自分で自分のことを管理できないのだから
こちらが管理して(抑制も含む)あげなきゃダメなんです。

と、指導を受けてた私が
生まれて初めて
利用者さん自身から
「私はそんな人間じゃない!」
と、声なき声で訴えられた瞬間です。

とても哀しかったです。
昨日まで関わってきた全ての人に対して
私はなんと、失礼な実習態度を
とってきたのか考えたら、
哀しくて哀しくてたまりませんでした...。
      FullSizeRender
この佐藤さんに対して私は
翌日から声をかけ、
一生懸命関わったのに
彼女があの日の夜みたいに話すことは
二度とありませんでした。

ん?私はもしかしたら
一緒に寝込んで夢でもみたのかな?と
思いもしましたが、
日誌にも記録してあったので
まんざら、嘘でもないのでは...と
今でも信じています。

不思議な体験をしたことで
私は認知症の人は
もしかしたら、全てわかって
意図的にボケたふりを
してるかもなーと思うことがあります。
私は80年も90年も生きたことは
ありません。
でも、こんなに長く生きたことで、全てを覚えておくのも、もう思い出すことも疲れたって。
だから
もう全て忘れたよって
余生を過ごしてるだけなのかもしれないと思うようになりました。

尊厳のあるケアとは何か

この出来事は
わたしの介護観の原点となりました。

          FullSizeRender
泣いてる雰囲気が私に似とると言われたのに

トドハマが...(笑)
            FullSizeRender
トドハマさんが余計なことを言うので
話は、それだけにとどまらず...
            FullSizeRender

もう少し、連載にお付き合いくださいませ。

 Me ke aloha pumehana