以前のブログで

口が開かない...😭
とか
体調、悪かったみたいです…
とか
なんかヤバいみたいです...
(タイトルをクリックしたら読めます)

と、いろいろ報告してまいりましたが。

明後日
含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)という病気のため、
全身麻酔の手術をします😭

私の場合は自覚症状は全くなかったのですが、以前のブログにあるように、膿が流れ出てきたことから発覚しました。

含歯性嚢胞は、埋まっている歯の歯冠を含んで発生する嚢胞で、歯の元である歯胚というものを包んでいる袋状の上皮から生じます。

説明された時に
見事に嚢胞が水風船みたいに
あるので、思わず撮らせてもらったのがこれ。
FullSizeRender

写真の右側(本来そっちが左)の
黒いところが、空洞で
本来は、両方そうなっていないとダメらしいのですが、
写真左側、黄色で囲んでいるところは、黒くなっていない、ということは、ここに膿の袋があって、水風船みたいに膨れているということで。

これが厄介なことに骨を溶かしながら大きくなるそうで😫

大きくなるにつれて
顎骨の無痛性膨隆や、骨の一番外側の皮質骨が吸収されて、
骨が厚紙を触れたときのようにペコペコとしてくるようですが、
私の場合は、その膿が口に流れ出てきたので、そりゃ大変で。

流れ出てきた理由は、智歯、
要するに親知らずが、
真横に生えているようで
(先程の写真参照)
それが悪さして、
嚢胞の袋を突き破ったようで。
ほっといたら、肺血症で
致死率40パーセントで...😢

ということで、
今回は入院して全身麻酔での
手術になります。

人生初の全麻!

手術は通常口の中から行います。

親知らずがある部分の歯肉を切開し、親知らずを分割して抜歯、その後に嚢胞を摘出し歯肉を縫合する処置になります。

今は、全く痛くないし、
蓄膿みたいな症状も
全然無いんだけど、
放っておくと大きくなってくる場合がほとんどで、あんまり放置しすぎると、
顎の骨を溶かし始めるから、手術しないといけないんだって。

あと、疲れやストレスで
また膿が口に溢れてくることも
あるからとのこと。

で、もう1つ厄介なのは、
今ある嚢胞を取ると副鼻腔に
繋がる部位が
今は、嚢胞があることで繋がっているので開いているけど、取っちゃうと、そこが閉じる可能性があるようで
そこに管?かなんかを
通しておくことを数日やるので
術後、鼻に管を通すので
口呼吸が続きますよーとのこと😓

怖ーよ。
聞けば聞くほどー😫

と、いうことで
明日から入院ですぅ。

術後、当分食べれないだろうから
今日は、何たべよーかなー(笑)

もちろん、断酒だよねー🥃

Me ke aloha pumehana