ディズニー映画
「リメンバーミー」を見に行きました。
      

      IMG_5742

メキシコの「死者の日」を
忠実にアニメで再現しているので
まあ、カラフルな
黄泉の国で展開される
面白く切ない映画でした。

ご先祖さまに会うという
「もしも」の話ですが。

見終わって思ったことが
2つあります。

1つは、黄泉の国が
もしもあんな世界だったら
死ぬのも怖くないなあと思ったこと。
そして、家に帰って
ちゃんと父と母とアニス(猫)の
遺影をもう一度拭いて
手を合わせました。
ちゃんと遺影を置いていて
良かったと本当におもいました。
あのカラフルな世界に
みんないると思ったら
「Remember me・・・。
私がそちらに行くまで。待っていてね」
と本当に思いました。

そしてもう1つ。
音楽の力です。

ところどころ挿入される

『リメンバーミー』。

最初は曲調が古臭いなと

思ってしまいましたが、

聴くほどに耳に馴染んで、

最後の最後に孫の孫が

ひぃ曾お祖母さんに歌う際はかなり

目に込み上げるものがあります。

てか、号泣しておりました。


「パーソナルソング」という

認知症のケアの1つに

昔親しんだ音楽を聴いてもらうという

音楽療法の映画がありましたが

それを思わず彷彿させるものでした。


ちなみにこの映画の原題は

『Coco』。

そのひい曾お祖母さんの名前です。


是非観に行って歌いましょー。


「リメンバーミー...♪*゚」


Me ke aloha pumehana�‌