介護(かいご)の学校という
イベントに出会ったのは2年前。
東京に来た時に
大学時代の友人と八戸で会ってから。

八戸で2年前にみたのは、
あらゆる世代の介護職を巻き込んだ勉強会『かいごの学校』。
1日の勉強会にたくさんの講座を用意し、
トークイベントやライブも。現場に即、役に立つ内容だったり、
介護職が集い、仲間を増やせる内容だったり、多岐にわたっていた。

介護って、利用者が100人いたら
100通りのケア方法があるといわれるものだから、
何がいいか悪いか、
とにかくいろいろ並べてみて、利用者に合わせて
その人が「生きていて良かった」と思ってもらえるように
介護職や福祉職が取捨選択しながら
学べる場をこのように設けることができるっていいなって思った。

それを東京(清瀬)で友人がやっていて。
だったら、今、職場のある埼玉でそれができないかと。
埼玉の介護をもっと面白くできないかと始めたのが
「介護の学校in埼玉」です。

11月11日は厚生労働省認定の「介護の日」で。
なので、その前後にこの企画を当てています。

昨年、初めてやったのですが、
なんと、私がその日に秋田に出張で。
今回の第2回は、私が企画に携わり、当日の様子をみることができた
最初の介護の学校in埼玉でした。
2016-11-06-10-50-57

昨年は東洋大学で。
今年は浦和大学で行いました。
TMK_9904

TMK_9903

なんたって、学校ですから、学校でやらないと意味がない。
TMK_9689

埼玉の介護福祉士養成施設協会と
埼玉県介護福祉士会の企画ということで、
多くの皆さんに支えていただきました。
もちろん、学生のボランティアにもおんぶにだっこです。
ありがとうございます。
2016-11-06-08-10-55

2016-11-06-08-10-44

TMK_5214

TMK_9808

TMK_9809

全19講座が開講しました。
TMK_9806

TMK_5189

TMK_5271

TMK_5269

TMK_5321

もちろん、私も講座の企画もしております。
TMK_5199

TMK_5198

で、何を語ろう。
長年の夢でありました、恩師である中島紀惠子先生が
一肌も二肌も脱いでくださり、
なんと、30年前に「介護概論」という科目の立ち上げに奮闘してくださった
中島先生と、日本介護福祉学会の会長の太田先生と
日本発の厚労省の介護福祉専門官だった本名先生の
鼎談が実現しました!
TMK_0059

TMK_0063

TMK_0065

TMK_0067

TMK_0068

TMK_0070

いまどきの介護って結構カッコイイというイベントも
嫌いじゃないですが
介護の歴史をきちんと聴く機会って
本当に大事だと改めて思った会でした。

30年前の
社会福祉士および介護福祉士法の制定。

そして、国家試験。

先生たちの深い想いと期待が入り混じった
国家資格でしたが
期待に添えているんでしょうか。

今、その国家試験の問題を作っているのは
本当に恐れ多いですが、
期待に応えているでしょうか…。

懇親会では、
その先生方が
自ら若い人たちのところに言って
お話されていることがとても印象的でした。
TMK_0080

TMK_0085

TMK_0094

TMK_0095

TMK_0096

TMK_0098
TMK_0099

TMK_0102

TMK_0103

TMK_0106

TMK_0111

TMK_0114

TMK_0122

2016-11-06-19-15-26

2016-11-08-10-43-43

介護現場も教育の場も壁を越えて企画し、
学生も住民も介護職もいろんな人が
いろんな考え方を学ぶ会。
みんな、介護の現場が
どうしたら良くなるのか
日々あれやこれや考えているんですけどね。

介護の学校が
もっともっと全国に広がって
もっともっとみなさんが
介護に興味を持ってくださったら
ありがたいです。

本当に様々な方たちに支えてもらった会です。

ありがとうございました。

Me ke aloha pumehana