大学を卒業して
これまで4度、職場を変えています。

20代。
そう、30歳まで勤めた職場で
同僚だった戦友に
未だに支えられいます。

一人は、立川にいるので
時々、真昼間から飲んでますが
もう一人は、沖縄にいます。
ま、昨年は私が会いにいっていますが…

だって1月に桜が見たかったんだもん♡

今回は、オシゴトで上京したので
声をかけてくれまして~。
2016-01-30-17-49-25

オリオンビールのオンパレードを
わざわざ持ってきてくれました。

これがビール。
2016-01-30-17-49-41

これが発泡酒とノンアルコールビール。
2016-01-30-17-49-48

東京では、なかなか手に入らない代物。
で、泡盛。いや、古酒かな。
残波43度。
2016-01-30-17-51-04

いや~、重たいのにありがとです。

で、ここの地で、
2016-01-30-17-29-05

食い散らかし…。
2016-01-30-17-51-22

2016-01-30-18-48-15

2016-01-30-17-56-50

洋風おでん。
2016-01-30-19-05-09

2016-01-30-19-45-21

飲み放題だったので、
頻繁に注文してグラスでもってきてもらうのが
申し訳なくて、
ボトルごと置いていってもらい…(笑)
2016-01-30-18-09-13

いろんなことをしゃべり続けました。

彼女と話していると
20代、
朝から晩まで働きまくっていたことを思い出し
今の自分の仕事について見直すことができる気がします。
でも、当時、何に対して闘っていたのか
あまり覚えていないんですけどね。
そこまで仕事しないとダメだったのかということも
うる覚えですけどね。

でも、今、時々仕事していて不安になるのは、
20代、
ものすごく自信をもって仕事していた頃に比べて
自信がないというか、揺らぐ自分がいる。
きっと、当時は、若かったんだろうね。
何も怖くない、自分や仲間を信じて
ひたすら突き進んだような
仕事のやり方だったけど、
今は、迷い、揺らぎ、石橋をたたきながら
かもしれない。

最近読んだ本。
「自信がない人は一流になれる」
自信がない人は一流になれる
トマス・チャモロ-プリミュージク
PHP研究所
2015-10-17



心理学の教授が書いています。

自信がないことは、
メリットとして働くことの方が多いって。

・自信の低さは、実力を高めるモチベーションになる。

・不安な気持ちによって危険に気づき、危険を避けることができる。
  
・自分の能力に自信がないことは、目標達成のために努力するきっかけになる。その結果、実際に能力がつく可能性も高くなる。

・他人の考えに興味を持ち、自分中心ではなく他人中心に考えると、他人が自分をどう見ているのかがわかり、不安を克服する助けになる。

でも、友人の話を聞いてたら
やっぱ、彼女も迷いながら、
それでも信念を曲げずに仕事している話を聞くと
やっぱ、すごいなと元気にさせてくれます。

また、アルコールを注入しながら
元気も注入しあいこしようね~

Me ke aloha pumehana