今日のブログは
万年ダイエッターの皆様に捧げます。
結果が出なければ黙っておこうと
思いましたが(笑)

私は、小学生のときは
肥満と判断され、
肥満児体操教室にも
通ったことがあります。

小6のときに160センチあったけど
(現在は、164センチ)、
体重もそれに比例してあったので
自分は太りやすいものだと
ずっと信じて45年、生きてきました。

若いときには
それこそ、夕食の抜いたりすると
ガクっと体重が落ちるし、
30代の頃はサウナの
甘い罠に取り付かれ
食べ過ぎてもサウナに篭っておけば
また体重が戻るので、
で、また食って飲むという
繰り返しを何十年、
やってまいりました。
なので、水を飲んだら太ると
思っていました。

で、東京に来て、この1年。
フラダンスにも通っておらず、
加圧にももちろん登録しておらず…。
動くことはチョコチョコやっていたのですが
昨年10月、
19年傍にいてくれたニャンコが亡くなって
それを機に、体に悪いことを始めていました。

真冬は寒いので、
自炊をいいことに、鍋なら…と
夜10時に帰ってきて、鍋作って
〆にうどんを1玉入れ、
飲んで寝る毎日…。

で、お正月。
体重は拍車をかけて…。

ついに、
久しぶりに大台をみてしまいました…。

これじゃ、いけない。
でも私には魔法の場所がある!と
サウナにいくけど、
以前のように2キロ近く落ちない…。

やばい、年のせいか…と
断食を始めました。
2日くらい食べなかったり
1日1食生活をやっていた矢先に、


肺炎にて入院…

当たり前だろって言われたら
本当にそうです…。
忙しいのに食べずにやり続けていたんですね。


で、翌月、帯状疱疹に倒れる…。


こりゃ、やばいぞ。
ちゃんと体調を整えながら痩せるって
もう無理なのだろうか…と。
ジムの申し込みまでしましたが、
いや、やっぱりそんなに通えない、私。
で、お金を払う前に止める…。

どうしよう、私、どうしよう…。

その時、
facebookの広告に目が止まり…

「人生、最後のダイエットにしてみませんか?」

最後になるわけないじゃん。
こんなにいろんなダイエットやってきたのに
上手くいくわけないじゃん。


と思いつつ、その広告を読んでみると
「遺伝子で痩せる!」となんと科学的な言葉が…。


何やっても痩せなかった人、
遺伝子をみてみませんか?


ふ~ん。
ちょっと興味が湧いてきたけど
私だって万年ダイエッターなんだから
私の方が情報量、多いんだから!と
半信半疑で、
ま、遺伝子みてもらうくらい…と思い、


ダイエットの家庭教師をつけてみました。
「Finc(フィンク)」のプログラムです。

期間は2ヶ月!

で、4月1日からということで、3月に
遺伝子検査のキットが届く…。
image

image


遺伝子検査では、遺伝的な先天的要因と
現在の食生活やライフスタイルという後天的な要因を分析してくれます。
それによって、何で太りやすいのか、
どんなメニューがいいのかが判明し、
食の知識と家でできる筋トレを教えてくれます。

で、この2ヶ月で行うことは2つ。
毎日の食事指導とファスティング。
やっぱり断食するんじゃん、って思いましたが。

で、届きました。
結果がこちら。
image

image

遺伝子検査の結果、
私は日本人に一番多いPEAR型。
なんでも、
脂質代謝が苦手・筋肉合成が苦手・
脂質を多く含む食品を好んで食べる傾向があるとのこと…。


そうなんです。
私はコロッケ、揚げ物大好き女なんですぅ!

いやいや…。

ましてや
親のことも言われまして。
「あなたは、両親から受け継ぐ遺伝子のうち、片方に変異があるため、
脂質代謝や熱を産生する機能がやや低下しやすい」と…。
だから、太りやすい。

あ~、なるほど。
あの両親の子だわ、私。

という中、3月末のスタートアップ期間を含め
4月1日から遺伝子ダイエットをスタートさせました。


それから、1ヶ月、
5/1の、その結果は…。

遺伝子(DNA)ダイエットにチャレンジ!②に続く(笑)

Me ke aloha pumehana