今、東京に戻る新幹線の中です。

何をしていても、
アニスといた時間分の涙が
止まりません。

金曜の夜に亡くなり、
土曜日に火葬し、
元々予定していた日に
東京に戻っています。

アニスは、
まるで私のために
図ったように
亡くなりました。

自分の人生を
自分で決めたみたいに。

妹曰く、
「お姉ちゃんがあと2日で
帰ってくるからね」と
カウントダウンを始めて
急に食べなくなったと
言っていました。

私の顔を見た途端
張り詰めた糸が
切れたようだと言ってました。

「お姉ちゃん、
もう、頑張れないよ…」
そんな感じでした。
亡くなる前日の夜は
自力でトイレに行ったり
水を飲む姿がありましたが。
2014-10-23-19-53-40

最近のペット火葬は
出張で来てくださるんですね。
2014-10-25-14-49-06

そして、引き取るか、
預けて骨壺だけをいただくか、
個別でその車の中で火葬して
その場で骨を拾えるという
システムがありした。
もちろん、立会個別火葬を
お願いしました。
2014-10-25-14-49-25

私の手で、アニを火葬炉へ。
業者さんは
ものすごく丁寧に取り行って
くださいました。
一時間半後。
2014-10-25-14-49-59

骨上げ。
2014-10-25-14-50-04

骨箸が配られ、
全く人間と同じように
指示に従って、脚の方から
骨箸でご遺骨を拾い上げ、
骨壺に入れていきました。
喉仏もちゃんとしっかり
ありました。
19歳にしてはしっかりした骨でした。

そして家に帰ってきました。
2014-10-25-15-18-53


姪に
「ママに逢えたかな?」
と聞くと、
「逢えたよ、きっと。
ママが…」
「どしたん、あっちゃん!」って
私と姪が全く同じ母の言葉を
同時に言ったので、大笑いしました。
2014-10-26-15-24-36


家猫だったので
19年、一歩も外を
歩いたことのないアニス。
今は、駆け回っているでしょうか。
いつも家にいてくれたから、
家はとても淋しい空気です。

アニ?どこ?どこにいるの?
ニャー?
2014-10-26-15-31-04

ニャー!
2014-10-26-15-30-08

どこ?
2014-10-26-15-30-48

2014-10-26-15-30-35

2014-05-10-07-53-26

あっちゃん?
2014-10-26-15-28-50

アニ?
2014-10-26-15-24-11

あーに!
2014-10-26-15-22-24

2014-10-26-15-30-20

2014-10-26-15-23-19

どこ行きたいの?
2014-10-26-15-29-18

2014-10-26-15-29-57

小さい時は生クリームが
好きだったよね。
2014-10-26-15-28-02


アニ、あなたに会えて
本当に良かったよ。

でも、哀しいよ、とっても。

ココロが
とってもしんどいよ。

私はあと、
どれくらい強くなれば
いいのでしょうか。

全部、嘘ならいい。
今はとにかく
フィクションの世界を
生きてるような感覚だ。

父が、いないことも
母が、家にいないことも
アニスがいなくなったことも
私が今は東京で暮らしていることも。

私は認知症とかになった時、
いつの時代に自分は戻るのかな。
一番輝いてた時代とかにとは言うけど、
もしかして
その時が一番
現実を生きれるのかもしれない。