Aloha~

毎日寒いですね。
むかつくから来月は桜を観に行きたいと思います

話は大きく変わって、先週、広島で哀しい事件が報道されました。

放火殺人:介護福祉士を逮捕 広島・終末施設で女性死亡

毎日新聞 2013年01月18日 01時16分(最終更新 01月18日 02時24分)


 勤務先の終末医療施設に入所している女性に火を付けて殺害したとして、広島県警広島東署は18日、広島市東区戸坂千足1、介護福祉士、入沢亜加音(あかね)容疑者(21)を殺人と現住建造物等放火未遂容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は昨年12月5日午後6時半ごろ、広島市東区戸坂大上4の終末医療施設「ホスピス・ナーシングホーム『クリーム』」2階一室に入所している加登久恵さん(当時85歳)=同市安佐北区口田2=の掛け布団の足元付近にライターで火を付け、加登さんの全身にやけどを負わせて、同6日に死亡させたとされる。

 入沢容疑者は「間違いありませんが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認している。動機について「人間関係などのストレスがあったが、一言では言えない」と供述しているという。

 加登さんの部屋は個室(約16平方メートル)で、火災では介護用電動ベッドの一部や天井などを焼いたが、火災に気付いた施設の関係者が約20分後に消火した。加登さんはほぼ寝たきりの状態で、電動ベッドの不具合は確認されず、周囲に火の気がないことから、県警は放火の疑いが強いとみて施設の関係者らから事情を聴いていた。出火当時、入所者24人と職員ら10人が施設にいたが避難して無事だった。

 入沢容疑者は昨年5月から同施設で勤務。火災後も勤務を続けていたという。

いろいろ、ネットサーフィンしてみたらある言葉が…

「殺人介護」という新しい発想を生み出した広島。
介護に疲れた人はぜひ広島で「地獄の介護」を。


はい?

でも現実的に「介護福祉士」「殺人」と検索すると
この事件がいろいろ取り上げられている…。

哀しい。哀しすぎる。

それも、介護福祉士だった彼女は
特にこの利用者に恨みを感じていたわけでなく
「誰でもよかった」と言っているようである。

恨みもない人を
殺せるという事実…。

しかし、実際に増加している介護施設職員の虐待が増えている。
介護施設職員による虐待件数は、2011年に過去最多となった
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122101001480.html
その理由は、
本人は職場の人間関係ということだが
従事者のモラルの低さや知識不足というデータもある。
http://www.muryo-soudan.jp/advice3/index635.aspx

21歳のこの介護福祉士は専門学校卒なんだろうか。
ということは今の介護福祉士の新カリキュラムを学んで
卒業し、介護福祉士になったということが考えられる。

専門に入った時は、高齢者が大好き、介護やりたい!という想いが
あったということと信じたい。

そのキモチをどこに置いてきてしまったのだろうか。

介護福祉士の新カリキュラムには
「人間の尊厳と自立」という単元があって。
http://www.chuohoki.co.jp/products/yousei/3131/
で、その単元の一部を私も書いているわけで…。
で、「介護の基本」って講義をやっているわけで…。

この1週間、2月から実習に出る1年生~3年生に
この新聞記事を配布し、
北海道の特養の施設長であるmasaさんのブログのコピーを配布し
一緒に考えた。

私が一つだけ願うことは
この難病で寝たきりの85歳の方が
一番心を許している介護福祉士に
火をつけられる瞬間を見ていないということ。

それを言葉に出した瞬間
学生を目の前にして涙が…。
学生に対して
全然、バイステックの
「統制された情緒的関与」じゃないじゃん(笑)

でも、その85歳の方の
キモチを考えただけでも気が狂いそう。
一番、利用者さんの側に
寄り添っている専門職が
ケアを中心にして関わっている方々、
国家資格でいうと
介護福祉士ではないかと思っている。
ということは、ある意味最も信頼されているのも介護福祉士で。
その介護福祉士から
火をつけられ焼死させられる人の
キモチって想像できますか?

介護福祉士の彼女の性格とか
彼女の生活歴だけを責めていいのだろうか。

もっとまわりは気が付かなかったのだろうか。
一緒に働く同僚、管理者集団、
そしてトップ。

でも、私は介護福祉士を養成している立場として
何をちゃんと学生に伝えているのだろうか。

人の一番近くを支える専門職を
養成する立場として
ちょっと自信を無くている、いま。

それが理由なのか
一昨日も学生を
叱って叱って
自分が嫌になるくらい言い続けて…。

学生さんたち
ごめんね。

でも、きっとそれじゃダメだと思うよ。

私も叱ったり怒ったりした後
結構、落ち込むんだよ。

でも想いはひとつ。

利用者さんたちが
最期に思うこと。
「生きていて良かった…」
そのために福祉専門職は
頑張ろうよ。

特に国家資格としての
介護福祉士だろうと
社会福祉士だろうと…。

明日、明後日
精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士の
国家試験があります。

どうぞ
心ある福祉士が
ひとりでも多く誕生しますように。

Me ke aloha pumehana