Aloha~

ついにというかやっとというか
行ってきました『最強のふたり
写真 (9)

金曜日の夜に満席の映画館って久々に体験。
ま、ひとり映画なんで、どこに座っていいんですが
明後日の研修会で絶対にこの映画の話をしたかったので
10分遅れてでも入り込みました

ストーリーは
映画『最強のふたり』は、全身麻痺の大富豪フィリップと
彼の介護をすることになったスラムの黒人青年ドリスが、
衝突を重ねながらも友情を築いていく姿を
ユーモアたっぷりに描いた作品。
フランス映画。実話。

全体的にストーリーは想像がつくのですが、
お涙ちょうだいでもないし
やたら感動するような作りでもないんだけど
ウィットにとんだ会話の数々にいろんなところで笑えて
終わるころには「明日から頑張ろ!」って思える映画でした。

最初は全然価値観も何もかも違うふたりでしたが
障害があろうとなかろうと相手を受け入れることで
お互いが変わっていき、一緒にいるだけで、
無敵なふたりになっていく…。

あまりいうとネタバレするので
これからの方のためにはこれ以上いいませんが、
福祉や医療関係の業界に関わる方はもちろん
一般の方にも積極的に観てもらいたい一本です。

同情なんかクソくらえ。
尊厳や自立支援やフツーの生活を支えるとかって
ひとつひとつしゃべるより
この映画観て!っていう方が遙かにわかりやすい。

いい映画でした。

ハリウッドでのリメイクが決まったようですが
フランス映画もいいですよ。
私は結構、フランス映画、よく観るタイプなので。

ともあれ
栄養ドリンクの様にスクリーンから
明日を歩むための元気をもらえる、
正に“最強の一本”です。
o0630042011566690386[1]


本当に最強の人と出逢うと
どういうことかわかる。
なんか無敵な気分にもなってくる。
それは、はじめてのキモチ。
今まで知らなかったキモチ。
それと一緒に出会うのは
初めての自分。
自分でしらなかった一面、
もうひとりの自分がいることを知る。
いくつもの感情。
いままでとちがう行動。
そんな新しい自分に
出会えるのはおもしろい。
変わるとき、
強くなれる時もそんなとき。

のぞんでいることは
シンプルなもの。
それは、そばにいられること。
そばにいて、
いろんな話ができて、
バカみたいに笑って
声が聴ける。

たったそれだけのこと。

そのキモチは
これからも
この先もずっとずっと
変わらない。

それが、今日も
明日も 明後日も
続くことが
1番の望み。

それが最強で最高のふたりになる。

あなたには最強で最高のパートナーはいますか?

Me ke aloha pumehana