Aloha~

今日は立て続けに「辛いよ~」という
お電話をいただきました。
20101006110029[1]


生きていれば辛い事、苦しい事あると思います。
特に「もう駄目だ」と思われた時、どうやって乗り越えてますか?

何かをやっていて、「もう駄目だ」とおもったのなら
すぐにやめるべきという選択肢もあるでしょう。
人間関係などであれば、その環境を変えるため住む場所や
会社を変える(辞める)ことも必要かも。
もしかしたら他にも今までやりたくてやれなかったこと
楽しいことをやってみるべきかもしれません。

でもそう簡単に辞めれない時。

さあ、私はどうしてきたかなって。

人生の8割は辛いことで楽しいことは2割だと
聞いたことがあります。

シェイクスピアの戯曲『リヤ王』の中に
「人はみな泣きながら生まれてくる」という有名な台詞があります。
これから生きるこの世を悲観しているからなのでは
と聞いたこともあります。

人生って辛いもんなんだよ、きっと。

20代、初めて就職した職場は
辛くて辛くて、毎日飲んだくれて
自律神経失調症って25歳の時に言われても
点滴しながら通勤してました。

30代、死ぬほど辛い思いをしました。
また毎日飲んだくれて
肝臓の数値がヤバくなるくらいになった時に
ハタとこれじゃいけないって気が付いたことがありました。

ということは
いつも飲んで寝て忘れて
また朝を迎えるというのが私のやり方か?!

でも共通して言えることは
「誰かに話す」ということだったかも。

20代では同僚に
30代では上司に
いっぱい相談したような気がします。

私のこの性格なので
人に言ってなんぼみたいなこともあったり。

人が壊れる時って何度か経験したよ。
何をしてても涙が止まらない
食べれない
化粧もしたくない
外見を気にしない…

でも生きなきゃいけない。

生まれてきた意味がわかるのは
死ぬ時なのかもね。

マザーテレサが言ってる。
「人生の99%が不幸だとしても
最期の1%が幸せだとしたら、
その人生は幸せなものに変わるであろう」

逆に言うと、どんなに幸せな人生でも
最期の1%が不幸ならば・・

私も平均寿命を考えるなら
すでに折り返し地点を通過しました。

最期の1%をよくするために
日々生きているような気がします。

結局これ書きながら結論は出ていませんが
一言、「一人で悩むな~。話せ!つぶやけ~!」かな?

一緒にこの辛い人生
なんやかんや悩みながら
しゃべりながら
飲みながら
最期は
「生きてて良かった
あんたに逢えて良かった」って
思えるような人生を
送りましょうや。

ね!
Yちゃん、Nくん

来週は飲もうぜ
愚痴大会ぢゃ

Me ke aloha pumehana