メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

2016年03月

怒涛の子どもたちの春休み

春休みを使って
姪と甥が上京してきました。
image


今回は、
東京で姪と甥を
別行動させようと
ゼミ生に子守りに来てもらいました。
image


合流して
また分かれて…
甥っ子の方は…
image

image

暗殺教室を観たようです。
image

image

姪っ子は、私と行動。
image

image

image

もう、渋谷っ子に
なりたいばっかりです。
image


夜も楽しいばかり。
image

image


翌日は
image

シルク・ドゥ・ソレイユを観に。
image

トーテム!
image

image

からのお台場散策。
image


夜は大学時代の同級生たちが
もんじゃ焼き屋に
付き合ってくれました。
image

image

image

image

image

お好み焼きも食べました。
image

image

image

みんな、ありがとう\(^o^)/
image


あっという間の3日間、
帰りたくないと
ごねる子どもたち。
image


怒涛の3日間の子守り、
もとい、お供が終わりました

やっとちゃんと寝れる( 笑 )

Me ke aloha pumehana


広島はやっぱりイイなあ~♡

帰省しておりました!
image

甥っ子の卒業式。
image

image

もう来月から中学生ですが
可愛さ満載です。
image


前任校の時に関わって
高齢者の体操教室にも
行かせていただきました。
image

超welcomeモード!
image

お昼も皆さんでいただきました。
image

今回は姪と甥も連れていき
一緒にやりました。
なかなかいい指導をしていました。
image

image

image

有難いことに
夜は皆さんと
お食事をさせていただきました。
image

image

怒涛の広島牛の日本酒しゃぶしゃぶ。
image

これが甥っ子の美味しい顔だ~!
image

image

こんな美味しさでした(笑)

翌日は
父の7回忌。
夜は春牡蠣を食べに。
image

子供たちのテンションは最初からMAX。
image

image

image

image

実は牡蠣の旬は春という噂なんですよ。
春の牡蠣は、殻を開けると
身がパンパンに膨れていて
水っぽさがなく濃厚で、
加熱しても縮みにくく、
食べると甘~いんです。
と、いうことで、
4人で30個強食べました。
またまた美味しい顔。
image

image

image

美味しかったらしいですよ。

最終日は、尾道へ。
image

尾道は、チャリモードですね。
image

image

チャリの人とチャリが泊まれる
ホテルとか…。
image

image

image

オサレですな。

千光寺にも登りました。
image

image

image

まだ桜は早かったかな。
image

image

夜は、U先生と。
image

image

image

image

image

ここで。
image

久しぶりにちゃんと話しができて、
凄く嬉しかったです。
学位の報告もできたし。

夜中はKさんと 笑
image

image

image

ストロベリーづくし。
image

image


やっぱり
広島は
サイコー(*`ω´)b

さて、充電完了!

東京に戻りますか!

Me ke aloha pumehana


自分の足を見直そう~フットケアを始めよう~

私は結構、
靴フェチです

実家の靴箱は
「お前は、靴屋か!」というくらい
いろ~んな靴を買って
並べておく(←ここが大切!)のが
好きでした。

さて、なぜ、並べておくのでしょうか。


それは~~~!


履いてもすぐに足が痛くなるからで~す!


デザイン重視の靴は
だいたいそうですよねえ~。
先がキュッと細い感じのやつとか
ヒールが高いやつとか。

好きですねえ~

20代の頃は、
ヒールの高さが私のプライドとかっていいながら
靴を選んでいたことも…。

ということがたたって…。

私も足は、タコさんとか魚さんが
大集合の足となっております。
裏だけでなく、表にも…。

足の水族館や~

みなさんは自分の足を
じっくりと観察したことがありますか?
何か痛みなどのトラブルがない限り、
なかなかみることのない場所だと思います。

もちろん、私も見て見ぬふりのタイプです…。

なのに、
高齢者の足浴だとか
足が大事とか
自分のことを
完全に棚にあげて、
学生に話しております。

ことを反省し、

山形まで
足が大好きな(?)
介護福祉士でフットヘルパーの
大場広美さんに会いにいってきました~。
彼女のブログはこちら

フットヘルパーとしてのフットケアセンター山形の人


3月6日に
フットケアセンター山形をオープンされ
連日、にぎわっているようで、
邪魔しに(←忙しいのにすみません)
行ってまいりました。

フットケアセンター山形

2016-03-12-21-20-02

なんと、前日入りさせていただきましたが
私が肉、肉とうるさいので
高級山形牛を食べさせていただきました!
タンシチューからの
2016-03-12-20-43-56

ステーキ!
2016-03-12-20-54-27

からのしゃぶしゃぶ~!
2016-03-12-21-26-55

大興奮ですw
2016-03-14-13-15-00

2016-03-14-13-15-09


で、翌日は朝から
フットケアセンター山形まで!
2016-03-13-09-40-58

2016-03-13-09-41-04

2016-03-13-09-40-43

2016-03-13-09-40-24

すごいすごい!
2016-03-13-09-40-28

2016-03-13-09-40-16

2016-03-13-09-40-04

超、居心地のいいサロンでした。

で、終わることはいかず…。

そう。身包みをはがされ…
2016-03-13-15-45-14

あ~、人に見せるのは恥ずかしい部分を…
めっちゃ真剣に分析するフットヘルパーさん…
2016-03-13-17-51-18

これが足測定の結果。
2016-03-13-12-38-11

そこまでの外反母趾とかでもなく、
足の指もちゃんと地面を踏んでいるので
ま、いっか~みたいに思ったのに
ここから大場さんから
きつ~くありがた~いお説教が始まり…。

先が細くなったパンプスやヒールを履くから
指がひっついているし、
そのせいで、指までひどいタコや魚の目が
できているとのこと。
そして、足裏のタコの部分は
そこが痛いからかばうように歩いているし、
だから、血流も悪いし、足が冷たいし…。
身体のバランスも前重心になっているから、
タコや魚の目ができますよ~、みたいな。

で、その後、なんとなんと
直々にフットケアをしていただき…。
2016-03-13-09-48-33

2016-03-13-11-10-29

2016-03-13-11-19-18

角質がたまってますなあ。
2016-03-13-11-27-54

え~!それって高齢者の話では…。
「陥入爪になりかかってますよ」
え~!それってただ靴が合わないだけでは…。
確かに、時々痛みがあるものの、
ま、いっかみたいな…。
で、やすりでけずってもらい~の、
タコや魚の目を
できるだけ綺麗にしていただき
2016-03-13-11-28-13

2016-03-13-11-38-28

正直、すごい。

あと、爪が乾燥しているとのこと。
え~、乾燥?足の爪が?
まぢ?
だから巻き爪にもなりやすくなるのか~。
は、反省…。

で、自分の足の裏って
そうそうみれるものじゃないし、
人にあまり見られたくないものですが、
撮影していだきました。
2016-03-13-12-02-59

ね、ひどいヒールダコでしょ。

ちゃんと、地面に指で立っていないから
こうなっちゃうんですよね。

反省と相談をさせていただいた結果、
すげ~、靴下を紹介していだきました。
それがこれ!
image

コンフォートサポートソックス!
image

要は、「矯正靴下」です。
足の指をしっかり離して、伸ばすことを
目的とした靴下です。
これで冷えやむくみもなくなるかしらということで、
爆買い。
そして、なんと足用のクリームまで購入。
その日の夜。
2016-03-13-22-56-14

今朝。
2016-03-14-09-40-34

ちゃんと、クリームを塗り塗りし、
矯正靴下を履いております。

いや~、勉強になりました。
足浴は足湯ではなく
洗って、乾燥させて、ちゃんと保湿するところまで
もっと丁寧に学生に伝えようと思いました。

でも、自分でこういうことは体験しないと
やっぱり大切さは伝えにくいんですねえ。

何事もやっぱり経験や体験ですなあ。

で、お昼は山形ラー。
2016-03-13-13-36-33

2016-03-13-13-37-24

初めて食べましたけど、
見た目よりあっさり。

からの、
松尾芭蕉が詠んだ「せみの句」~「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」~
でも知られる山寺登山へ。
2016-03-13-14-24-52

2016-03-13-14-24-16

大仏殿のある奥の院まで1,015段ある石階段。
2016-03-13-14-34-51

2016-03-13-14-43-19

「一段一段踏みしめていくごとに一つずつ煩悩が消え
悪縁を払うことが出来る」と云われるその石階段を上りきった~!
2016-03-13-14-53-55

2016-03-13-15-02-58

絶景~!
からの、山形名物「こんにゃく」~
2016-03-13-15-31-31

え~、この人は
泣く子もだまる(?)
地域包括ケアシステムでいろいろひっぱりだこの中野智紀先生~。
糖尿病医だけど、在宅医療連携拠点事業推進室長も兼務され
ITを使った医療データの共有により、
地域における医療機関間の連携を促進し、
地域で地域の人全体を診ていくシステム作りをしている
ゆーめーな先生と山登りしました。

帰りの新幹線では、
山形のスパークリング日本酒を
飲みつくして帰りました。
2016-03-13-17-41-01

ホントに勉強になりました。
大場さん、大変お忙しいところ
本当に構ってくださって
ありがとうございました
と~ってもいいサロンなので
足の悩みがある人ない人(笑)、
是非、行ってみてくださいね。

今後も皆さんのところに、
いきなり出没して、いろいろ教えてください!
という行動をすることがありますが、
優しく、受け入れてください

なんせ、動いていないと止まってしまう
マグロかサメ体質なので…

Me ke aloha pumehana

新たなスタートラインに立つ時に

ついにというか
やっと、やっと
博士の学位をとりました。
それも介護福祉学の博士です。
image

正式には
博士(介護福祉・ケアマネジメント学)
という学位です。
昨日、学位授与式でした。
image

image

image

この時の気持ちを忘れないよう
記録として書いておきます。
少々長文です。
あと、大学院に通われている方が
これを読んだら
博士も3年で修了しましょうと
お伝えしておきます(笑)

大学を卒業したのは
今からちょうど23年前となります。
そう、学士という学位をいただきます。
私は社会福祉学士でした。
image

だいたい大学受験に失敗し
一浪で大学に入ったくらいなので
「あ~、これでもう勉強しなくていいわ」
くらいの感覚(?)でした。

大学を卒業ということで、
ここで
新たなスタートラインに立ちました。
23歳の時です。

が、その2ヵ月後、奇跡がおきます。
そう、社会福祉士という
国家試験に受かっちゃったんです。
多分、合格通知が来た時、
近所中に聞こえるくらいの
悲鳴のような声で
喜んだ記憶があります。
なんせ、自分は頭が
そんなに良くないと思い
自信がなく勉強してたので、
受かったのはまさに奇跡でした。

ここでも社会福祉士という
新たなスタートラインに立ちました。

最初、福祉専門学校の担任というか
チューターみたいな仕事で
就職したくらいなのに
社会福祉士に受かってからは
対策講座をしたり、
だんだん人前で話すことが
増えてきました。
また、働きながら
介護福祉士という国家資格も
とりました。

その職場から7年後
30歳で次の専門学校へ移りました。

そこで初めて
ちゃんと介護福祉士を養成すること
介護教員となる術を
教えていただきました。
介護の現場にも出ました。
ホームヘルパーとして。

楽しかったです。
毎日が。本当に。
悩みながら、相談できる人が
側にいてくださるということ。

36歳からは
事務長を兼務し
人を育てること
経営を考えること
色々なことを学び
その時は、それが楽しく
ほぼ全く、研究という道から
外れていたし、
それより、
そこのディレクター(社員)として
出世しようかとも考えていました。

するとある時
大学に来ないかと話をいただいて。
でも、大学卒だけでは無理と言われ
そう、38歳から
大学院(修士課程)に入学しました。

社会人大学院生は
色々大変だったし、
研究というものから
離れていたので、
本当に大変でしたが
2年で修士(医療福祉学)を
取ることができました。
またここで新たなスタートラインに
立つことができ、
晴れて大学の教員になりました。

介護福祉士コースの立ち上げで
大学に呼ばれたため
毎日が忙しい状況の中、
今後大学にいるなら
博士を取らなくてはならないと言われ
40歳で博士課程へ入学しました。

広島にいるのに
東京の大学院を選んだので
D(ドクター)1年生の時は
単位を取るため
毎週土曜日、15回
朝6時の新幹線に乗り
2~4限に出席して
また帰るという半年を過ごしました。
しかしこの時、
入学金を出してくれた父が
4月に急死したため
大学を1回は休んだ記憶があります。

D2になる前に
東日本大震災が3/11に。
だから2年生の時は
ご存知のとおり、
めっちゃ東北に
介護ボランティアに
行きまくっていました。
で、D2の夏くらいに
指導教員に呼ばれ
ちゃんと書きなさい、
で、論文のテーマを変えろと
指導されました。
私があまり納得がいくもので
無かったため、
調査もしたのに
論文から遠ざかる日々を
過ごしてしまいました。

しかしD3の時
母の大腸がんが再発し
D3が終わる時
ロッカーキーや学生証を
返しに行けないくらい母の容態は悪化。
そこで、満期退学を選びました。

満期退学とは
単位取得満期退学者で
博士課程満了者と
ここの大学では呼ばれ、
やっぱし私の実力は
退学よね、退学。
履歴書に
博士課程満了と書けるし
まあいっかみたいな。

この時点で
私はあと3年以内に書くと
3年で修了した院生と
同じ課程博士になれることを
知らない…笑

4年目に母が亡くなり
その後、東京の大学で
勤めることになり。

ハッと気づいたら
私、東京にいるじゃんと思い、
大学院に伺ってみると
指導教員の先生に
頑張ってあと2年で書き上げろと
指導された時に
6年で出れるんだと
初めて知る(笑)

それから
初めて赴任した大学
初めての東京での1人暮らし
慣れないだらけの中
あと2年で!
という勢いで
書き続けることとなったのです。

研究生という扱いになり
(ちゃんと授業料、払います)
大学院も近くなったので
(広島からは近いでしょ)
足を運び
様々な先生方から指導を受け
毎晩、土日祝日
とにかく書き続けました。

身体が凝って
動けなくなると整体にいき、
それも毎週行くのに
なんで毎週来てるのに
また凝りが戻っているんですか?
と言われるくらい書いてました。
実は(笑)。

でも指導を受けるたび直され、
納得がいくものが出来ず
決定的なのは
提出する間際
指導教員から
「これじゃ、受からないから出すな」
という指導までされました。

落ち込んで落ち込んで、
泣いて泣いて
それでも周りの先生たちが
ギリギリまで指導してくださり
なんとか提出。

しかし
次の山場の論文審査と口頭試問…。
けちょんけちょんに言われ。
こんな論文が世の中に出た時
あなたはそれでもいいんですか?
まで、追い込まれて…。

12月は
例年忘年会で埋め尽くされている
スケジュールなのに
顔を出さず
論文に向き合い続けました。

考察、結論を
全て書き直しました。

学生や教え子に調査をしたのに
その子たちが
ちゃんと介護の現場で
頑張れるために
何を書かなきゃいけないのか
多くの教え子と学生が
悲しまない論文にしなきゃって
それだけを願いながら。

でもホントは辛くて
死のうとも思いました。
形にならず、
それが結果をださなかったら
関わってくれた人に対して
申し訳なさ過ぎる、
って考えたら、夜が怖くて。
またお酒飲んで、みたいな悪循環で。

夜中に、今住んでる11階から
下を見てた、よく。

でも積極的には死ねないなあ。
せめて穏やかに生きる道を
選ぼうとか、
そんなことばかり考え、
もうヤバかったです。

この間、
大好きなフラも2年間
習いにいくこともせず
でも仕事のために
アロマテラピーの資格を取ったり
介護の学校というイベントを
企画したり…。
もちろん大学の通常業務も行い…。
挙げ句の果て、
肺炎で昨年入院したり…。
論文のために仕事が
軽くなるみたいなことは
決してなかったので
そういう意味では本当に大変でした。

論文審査、口頭試問の結果を
主査の先生から聞いた時
「おめでとうございます。
合格です。
本当にいい論文に仕上がりましたね。
よく書き直し、やり遂げましたね」
と、言われた時
身体の全身の毛が逆立つくらい
嬉しかった。

6年。
小学生が卒業するまでもの間
1つのテーマに向き会うこと
それは、私に向き合い続けること。

でももっと早くやれば
良かったとも思ってます。

こんなHPがあったので
載せておきますね。

博士号(Ph.D.)をとるまでの道のりをイラストで示すと。。。


今から博士を取る方、
取ってる方は
是非3年で
博士論文を書き上げましょう。

正直お金もかかりますからね(笑)

指導教員の
竹内孝仁先生。
DSC01139

image

CIMG6516

講師、准教授の先生方。
image

一緒に修了できた博士のメンバー。
CIMG6511

CIMG6501

大学院長の先生からいただきました。
CIMG6514

DSC01116

image

盛大にありがとうございました。
CIMG6503

CIMG6506

CIMG6509

CIMG6507

記念品。
image

image

お~、時計!
image

お~、刻印済!

調査協力をしていただいた皆様。
教え子のみんな。
学生の皆さん。
関わってくださった先生方。
この論文に関わってくださった
多くの皆さん。
そして家族。
この報告を直接言いたかった
父と母と。

本当にありがとうございます。

また新たなスタートラインに
立ちました。

学位に恥じないよう
これからも切磋琢磨していきたいと
思っております
image


で、何を書いたのかって?
おいおい、ブログに乗せていきますね。

Me ke aloha pumehana

天使の羽根?

先月
今考えたら
誕生日前後

部屋を片付けてたら
なんでこんなとこに?
って思うようなところに
白い羽根が落ちてた。
image


ああ、羽根布団に穴でも?と
調べてもカバーしてるし
その気配はゼロ。

ああ、鳥?
みたいな?
でもここは
東京のマンションで、
それも窓の近くに
落ちてたわけでなく
(ソファの下で)
それも考えられず…。

あんまり気にせず
でも捨てるのも
なんか綺麗な羽根だしと
取っておいて。

で、今日、
やっぱり何なのかなあと
気になって
ネット検索してみた。

そしたら
「白い羽をみつけた」
道路を歩いていたら、ふと目の前に白い羽が・・・。
時には、家の中に落ちていたり、服に羽がついている事も。

あ、これこれ!

白い羽をみつけた

白い羽は、天使からのメッセージ。
幸運が訪れる事を知らせています。

とのこと。

でもな~
ちょっと気になることが
あるんだよなぁ。

先週も広島に帰った時
真夜中に
真っ暗の中
パソコンの電源が付く音がして
誰もいないのに
ぼーっとPCが立ち上がったり。

な~んか
母の仕業のような気がしてならない。

何かを伝えたいんだと思うけど
その内容は
実はなんとなくわかる。

今月は
父の7回忌もあるしね。

ま、でもなんか
良いことが
これからあればいいな。

Me ke aloha pumehana
プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ