メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

2012年02月

教え子ちゃんたちの施設訪問!

Aloha~


怒涛の実習巡回をこなしています。


介護福祉士の実習なので
特養や老健が中心です。
で、同じ法人内でデイサービスで
勤務している教え子もいて。


いつも老健に実習巡回ですが
今日はデイにいる教え子にも
会いにいきました。


時に実習巡回は卒後教育ですね


実は12年ぶりに出会いました。
写真 (15)



え~、
いつ、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネを取っていたん?(笑)


伺ったとたん
30人くらいの利用者の方の前で
「みなさ~ん、僕の恩師です!」って
紹介されましたが
逆に利用者の方々から
「立派に育ってますよ」って声をかけられたことが
とっても嬉しかったよ。


レクにも力を入れ、
廃材利用のレク材を作っていて。
写真 (9)

彼のレク材で賞も取ったそうで。
写真 (14)

それはすごい。

玄関にこれ。


そしてお地蔵様。


みんな、利用者の方と作製したものだそうです。


圧巻だったのが
三重塔。
写真 (13)

これ、メインは牛乳パックで作ってあるそうです。
写真 (12)

ピカチュウもいて。


高齢者にピカチュウってどうなん?
って思いましたが
これは近所の保育園の子どもたちを迎えるために
わざわざウェルカムボードとして利用者と作製したものらしい。
すご!


基本、レク材づくりも
利用者と作製し、
自分たちで作ったもので
レクの時間を楽しんでいるそうです。


今、個別レクが言われる時代
まだまだ集団レクが中心のデイですが
それでも楽しいと思っていただけるように
そして、デイに今日来てよかったと
思っていただけるように
介護を考えていかなければいけないですよねって
真面目にしゃべっている学生を前に
笑ってしまう私を許してください。


だって、そんな子じゃなかったしぃ~


学生って卒業させて
社会の荒波にもまれた方がいいのね。


忙しいときにありがと。


その後に巡回に行った特養で
学生が注目している利用者さんに会いに
フロアでうろうろしていると
「あ~、八木ちゃんじゃん!」って
声をかけられて。


至るところに教え子たちが
活躍しているのが
ホントに嬉しいです。


みんな、頑張ってね


Me ke aloha pumehana

潜在力を引き出す介助☆

Aloha~


今日は広島県の介護福祉士会の
お手伝い&研修会への参加でした。


“潜在力を引き出す介助”です。
もちろん、田中義行先生。
写真 (3)

DVDももちろんテキストでも
勉強させていただいていますが
ナマは初めてです。


朝からテンションが低めな
講義から始まりましたが…(笑)


午前中は講義中心。
移乗技術の問題点として
ずっと信じてやり続けてきた
“人間本来の自然な動きを引き出す”
という考え方に
落ち着いて淡々と物申す田中先生。


障害や高齢化で変化した身体構造は
元に戻るでしょうか?
元に戻るのなら「障害」や「高齢化」とは言わないのでは?
そのような身体構造が変化した方々に
「人間本来の自然な動きを引き出す」介助をしようというのは
無理があるのでは?


なるほど。


良い介護技術ってなんでしょう。
そして普通の生活って。


わかりやすく
聴きやすい講義でした。


介護福祉士会で企画すると
教え子から実習先の実習指導者さんたちが
多くいるので楽しくワイワイ。
写真 (2)

午後は徹底的に実技。
BlogPaint


「方法の原理」!
方法の有効性は
①目的②状況によって決まる!


もっと支持基底面の重心移動を
ちゃんと感じる。
BlogPaint


いや~、勉強になりました。


頭でわかっていても
教えていただいて実践するのも大事ですね。
老健の現場で関わっていらっしゃるので
具体例が多くて
ホントに説得力のある講義・実技でした。


若い介護福祉士さんも多く参加されて
ワイワイで楽しかったです。
写真 (5)



田中先生
ありがとうございました。


とっても勉強になりました。


また、広島にお越しください。
って、
3月には三原の方にお越しだとか…


お疲れ様でした!


Me ke aloha pumehana

広島をご案内~☆

Aloha~


明日から広島県介護福祉士会で
PTの田中義行先生をお迎えして
研修会
すでに定員いっぱいです。
すごい!!


で、前日に来ていただき
行ったことがないといわれていました
世界遺産めぐりをしました。


県外の方をご案内するには
これくらいのことしかできませんが…


まず、日本三景の宮島。
同時に世界遺産。


あ、この方が
名著「潜在力を引き出す介助」の著者の
田中義行先生。
今年、40歳(笑)
前回来られた時
お誕生日祝いをしたので
よく覚えてる


で、いきなり牡蠣、あなごづくし。


揚げもみじも体験していただき。


焼がきも。


もちろん、厳島神社も。


で、あやかる


あまり、時間がなかったので
弥山とか、大聖院とか無理でした…。


宮島から平和公園まで
2つの世界文化遺産を結ぶ航路があるようで
初めてそれに乗ってみる。


乗り換えもなく、45分で着くので快適!でした。


原爆ドームは
お化粧中でした。


資料館もバタバタで見学した後、
夜はこちらで。


かき船かなわ
めっちゃ牡蠣づく!!




リンゴの皮の中に、
牡蠣のクリームグラタン!
めちゃめちゃ美味しかった!




かき飯、最高!



田中先生
明日から頑張ってください!!



私は…
勤務先で授業ですぅ…


Me ke aloha pumehana

スキ☆

Aloha~


今日は“スキ(好き)”という言葉について。


スキという言葉の中には
たくさんの思いが詰まっています。


それは
尊敬や信頼、愛情や友情など
大切な思いで。


スキになった人からうけとるもの。
スキな人が教えてくれるもの。
そんなものが、たくさんある。
すぐ、そばに。
あふれるように、たくさん。


自分もおなじように
その人になにかをわたせたらいい。
なにかをおくれたらいい。
そんなふうに思えるスキでよかった。


だからスキという気持ちも
その時間も
大切にしたい。


できれば、自分のスキが
楽しいことが多いスキであればいいナ。


だけど、そうじゃなくても
自分以外の誰かを
大切に想えることは
しあわせなことです。


出会って。
スキになって。
この時代に
いっしょにいられて。


よかった。


Me ke aloha pumehana

世界の終わりに…

Aloha~


映画、また観に行きました。


「メランコリア」


全然あらすじもわからずに行きました
ジャスティンは、姉クレアとその夫ジョンが所有する大邸宅で
盛大な結婚披露宴をあげていた。
だが、幸せなはずの彼女は激しく情緒不安定で、
常軌を逸した行動を繰り返す。
披露宴を取り仕切る姉夫妻はそんな妹を気遣う。
同じ頃、巨大惑星メランコリアが地球に異常接近していた…。


ってことで、
メランコリアに地球がぶつかるまでの
人の心の動きが描かれていました。


で、あまりに
ラストが衝撃的で
「え~!!!」みたいな。


でも、映画が終わって客席を振り返ったら
誰もいないみたいな。


地球が終わる日。
もし、世界の終わりを迎えるとするなら
なにをするか。


う~ん。


そうやって考えると
1度は結婚しておきたいということで
映画のストーリーもそうだったんかなあ。


まあ、それもいいなあ。


可能なら披露宴とかしてみたい(笑)


自慢じゃないけど
私、絶対に真っ赤のイブニングドレスとか
似合う!と思う。


やったことないからわかんないけど


あと何するかなあ。


でも映画の中の主人公は
幸福の絶頂にあるはずなのに、式に遅刻、途中で抜け出し、
居眠りしながら入浴、式の途中で他の男とセックスする。
延々と待たされる大勢の来賓と豪華なパーティは、白々しく、
客の不協和音は激しくなるばかり。
ただごとではない雰囲気は、巨大惑星メランコリア衝突の不安と重なっていく。


ま、地球が滅亡するってなったら
結局は、異常な行動をとってしまうのも
人間なんだろうか…。


なかなか衝撃的な映画でした。


Me ke aloha pumehana
プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ