メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

2011年03月

こうやって繋がっている…

Aloha~


3月も今日で終わり。
年度も今日で終わり。


今年度はホントにいろいろありすぎた、
いいことも
悪いことも。
日本全体も。


でも、今年度始めたことで
印象的なのはSNS。


まずにFacebook。

そしてBlog。

で、1月からTwitter。


人と繋がることを
敬遠してた嫌いがありました。


でも、始めるきっかけをくれた人たちに
今は感謝しています。


あと、Blog。


前も書きましたが
ホントに昨年の10月31日に
何気に始めようとして
で、
11月1日から
au BlogでもうBlogを始めることができなかった。
で、12月20日auでBlogを書くことができなくなり
そしてLivedoorに移転させられ
今に至っている。


で、今日auのBlogが完全に見れなくなるそうです。


まあ、このBlogに移転しているので
全部見れますが
なんとなく淋しい。


で、12月20日に移転した以来
久しぶりにau Blogを開いてびっくり!


auで更新していないのに
毎日アクセス数があることに驚いた
172add51a8e32025ae04



確か、10月31日から
12月20日までの1カ月半くらいの
Blogの開設でしたが
その間のアクセス数が8281でした。


なのに今日開いたら
9262でした

なぜか、コンスタントに
7~8件のアクセスがあるって
なんだろう。


でも
こうやってどこかで人が
繋がっているんですね。



SNSで出会った人たち
顔も見たことのない人たち


そういう人たちにも支えられて
今を生きている。


ありがとう。


Me ke aloha pumehana

卒業式&解散式

Aloha~


今日は前の勤務先の専門学校の
卒業式でした。


広島で2番目にできた介護の専門学校で
20年もやってきたのに
介護福祉科になかなか人が集まらず
泣く泣く専門学校を閉鎖しました。


実はその時
もう1つの社会体育科
(スポーツインストラクターの養成)が
残っていましたが
同法人の別の専門学校に吸収されていました。


でも昨年1年生だった学生たちは
2年生になった時に
別の専門学校の学生になったような形になってしまい
入学した時の学校名で卒業できなくなっていました。


3月の中旬にその専門学校の卒業式は終わったのですが
どうしても入学した時の専門学校で卒業したいという
学生たちの想いに答えて
特別に各地に散らばった先生たちにも
集まっていただき
卒業式を行ないました。
159bb3f876e84c4af0ec


実は前勤務先でも
教員をやっていましたが
急に事務長が辞めてしまった時に
校長やら上の人たちが非常に困っておられたので
教員もしながら
専門学校が閉鎖するまでの2年半、
事務長も兼務してやりました。


ということなので
今日は卒業式の司会。
9637dacb314efd84f6a3


社会体育科にも
ホームヘルパー2級を受講してもらったりしてたので
関わった学生たちと久しぶりの再会。


専門学校の卒業式は
いつでもアットホームで
笑いあり涙ありの卒業式です。


なので大好きです。
293b10f28a1dfb757280


これでホントに
この専門学校の名前が
20年も続いた専門学校が
無くなってしまいました。


多くの卒業生を
介護現場やスポーツクラブに
輩出してきました。


とても残念でたまりません。


ある意味、解散式でした。


集まってくれた先生たちとも
久しぶりの再会になるので
なんとホテルのラウンジで
お茶しながら
3時間くらいしゃべっていました
これ、苺大福セットを頼んだら
出てきたもの。
緑茶がついて1,200円だった…
dd30a2fe7ea8d23e4ddf

でも、美味しかった


先生たちも各地に散らばって
みなさんご活躍でした。


私も頑張んなきゃね


なぜかホテルのエントランスに
こんな立て看板が…
4ff0f06939fcdfb7842b



なんで?
なんか失礼な感じ!


Me ke aloha pumehana



40代からの結婚・再婚最前線…

ALOHA~


品川ヒロシ監督の
「漫才ギャング」を観ましたよ。


あんまし期待していませんでしたが
映画館でよしもと新喜劇でもみているようで
観客のみなさんと大笑いしながら
観ました。


笑いすぎてストレス解消します。


オススメです


昨年くらいから
新幹線の移動とかで買って
必ず読む雑誌。
「婦人公論」。
913c7c1ff583ff2271c0


この時代に
「婦人」っていう響きがまた良い。


月に2回も出るから
出張の移動がてら
毎回買っても新しいのが出ているから
ある意味、便利で特集がリアルで楽しい。


今回の特集。

ときめきと安定が欲しい
40代からの結婚・再婚最前線


表紙は小西真奈美。


何歳の婦人が対象なんだろう、この雑誌。


最近、同い年の人が
急に婚活を始める人がいて
ちょっとこの特集がリアルだった。


で、いきなりめくったページにこんな言葉が。

「相手のおしめを交換できるか」を
まず自分に問いかけて

要はこの年での結婚や再婚は
どちらが先に倒れるかわからないから
「相手のおしめを交換できない」
と思ったら、その結婚は
止めた方がいいとのこと。


リアル~


インターネットのお見合いサイトでの失敗談とか
婚活に励む女性の本音とか
コミュニケーション力の上げ方とか
男性からの再婚、年上の壁を乗り越え
彼女と結婚した理由の生の声とか


いろいろ特集しているから
結構、面白い。


で、“素敵な夫”を
見つけるための9つのポイントが
挙げてあった。
b7097f93105752aa7f30


①ときめきで暴走しない。
常に冷静さを保つ。
②相手をコントロールしない、
寄りかからない。
③自らが輝き、
「話の通じる女」を目指す。
④信頼できる出会いの場を
吟味する。
⑤まずは「条件」よりも
「人物」を見る
⑥女は女優。
「さしすせそ」を口癖に。
⑦親や友人を紹介してもらう。
友人が少ない男は注意。
⑧旅行に行って
相手の本当の姿を観察する。
⑨「何をしてくれるか」ではなく、
「何をしてあげられるか」


ほ~。
結婚・離婚カウンセラーの言うことは
面白いな。


一番気になったのは⑥の
「さしすせそ」を口癖にってなんだ?


それは…
男性が好きな「さしすせそ」なんだって。


「さすが~」
「しらなかった~」
「すご~い」
「せっかくなので~」
「そうなんだ~」


明日から早速実践してみよう


Me ke aloha pumehana

ベターハーフ

Aloha~



また急に寒くなりましたね。
桜がなかなか…ですね。
c346bd36adafa438b222


めっちゃスタンバっているんですが…
2b4da0c93d4d2acd5ccd

3028548b4a226ad78566


その前にイチゴ狩りかな?
7047997b67c0d482bd90



話は急に変わりますが
英語に、ベターハーフ・・・BETTER HALF という言葉があります。

この言葉を知っていますか?


高校生の時に先生から聞いた話で
今でもよく覚えています。

その話をテーマにした映画
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を観た時
やっぱりその先生の話はホントだったんだって
思ったことがあります。

その話は
「人間は自分の別れた半身を一生かけて探しているのです」
という話でした。

人間は昔、今の姿と異なる姿をしていました。
それは、ふたりの人間が球のようにくっついて、
ひとりの人間として存在していたのです。

ですから、当然手は4本、足も4本、あったわけです(シュールだ)。
また、人間には3つの種類がありました。
ふたりの男がくっついた”男男”、ふたりの女がくっついた”女女”、
男女がくっついた”男女”です。

ところで、人間は昔、かなり思い上がっていました。
しまいには、いい気になって神にまでたてつこうとするではないですか!

そこで神(ゼウス)は考えました。
人間を今の半分の姿にしてしまえば、その能力も半分になるのではないかと。
そしてさっそく実行します。人間の体を半分に割き、
傷口の皮をお腹のところで結びました。これが”へそ”になりました。
もともと球のようにひっついていたので出ているとこが出て
ひっこんでいるところはひっこんでいたりしている。
そして、今の人間のような形になりました。

こうして、神のねらいどおりに人間はすっかり無力な生き物になりました。
しかし、もともとはふたりでひとつの生き物でした。
だから、切り離されてしまった相手を求めてさ迷うのです。

その相手こそが夫や妻であるわけです。
しかし、最初にいったように人間には3種類ありました。
自分が”男男”だった(男の)人は、半身であった男を求めるわけです。
”女女”だった(女の)人は、半身であった女を求めます。
そして、”男女”だった人は異性を求めるのです。

元々ひとつであった自分の別れた半身--
だから、自分の夫や妻のことを"better half(わがよき半身)”というのです。

以上はギリシアの思想家プラトニックラブの
プラトンの”饗宴”という本(日本語に訳された本)の一部の要約です。

これをBETTER HALFという言葉で
高校の先生は話してくれました。


でも、そのベターハーフが結婚した奥さんや旦那さんなら
ホントに素晴らしいことですが、
その片割れが
もしかしたら、日本にいないかもしれないし
下手したら現世にいないかもしれない。


で、結婚してもそれがベターハーフではないことがわかると
また人間はその片割れを探し続けるから
浮気したり不倫をしたりする。

ということでした。


だから
ホントのベターハーフに巡り合えると
ホントに何やるにも自然で
浮気や不倫もなく
ホントに仲のいい二人でい続けるらしい。


だって昔は一緒にひっついていたもの同士だから。


でもなかなかベターハーフには巡り合えないものだから
相手が違うなあと思っても
大多数の人はその相手をベターハーフと
信じて生きていくらしい(笑)


そう言えば日本語にも、伴侶という言葉がありますね。


この話、信じますか?


これまでの人生で
この人がベターハーフだったんだ
という人がいましたか?


私?


う~ん。


いたような、いなかったような…(笑)


ま、私は、今でもベターハーフを探しているということに
しておいてください


ベターハーフとお花見にでも
行きたいわん


Me ke aloha pumehana

血の繋がった小さな友だち

Aloha~


今、小学校が春休みなので
時々子守りをすることを協力しています。



最近
今年10歳になる姪っ子と
お出かけする機会が多い。


私の用事のために
ナカヌキヤに。
でも、二人でいろいろ化粧品をチェック。
子守りというより、友だち同士みたいに
キャーキャー、ワイワイ
deb14e971751291ad196

「このボディクリーム、いい匂いよ!」「そう?」
37e6a9cd23efe47cfb0c

「これやってみたら?」「いいねぇ…」「あ、かわいい!」
6cc62ddbf701f67a5a2c

「ねえ、上のキディランドに行こうよ」「いいよ」
「これなに?」「ワンピース」「ふ~ん」
99215705aacd79dff824

「あ、私エルモ好き!」「え?タイムリーじゃないでしょ」
「あたしのお小遣いでお揃いを買ってあげるよ」「あ、ありがと」
f3b87ec2245d900fa739

「あ、お姉ちゃんの好きな猫じゃん」
685f6b4359e7bbc06b35

「あ、こびと」「は?」
0b3d90cf3f174caaccad


いろいろ学べる(笑)


で、サンモールへ。
「これ、面白い!お姉ちゃん、座らんけ。撮ってあげる」
5364dee3d9e98edde563



彼女のマイブームはプリクラ。
992105abcef28fc86e25



つ、疲れた…


でもあと、10年経ったら
飲みにいこうぜぃ!


Me ke aloha pumehana
プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ