メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

2010年11月

帰国して食べたい物…

Aloha~


ニューオリンズからシカゴに向かう飛行機が大変でした

CAのおばさん達が
めっちゃ慌て始めて。
南部の方の英語は聞き取りにくく
多分乱気流かなんかで
着陸が大変だとか…。
全員で伏せる練習をやらされたり
眼鏡もかけてる人は外されたり…。
無事にシカゴに着いたら
機内中の人たちが拍手
ああ、びっくりした



また帰りの成田までの機内では寝れず、
キス&キル、Flowers、マイブルーベリーナイツ
(この映画は観たんですが、好きな映画なんで)
瞬 またたき、ボーンコレクター、
サイドウェイ(日本版のサイドウェイズを観たから本家を観たかったから)、
スティルクレイジー、インソムニアの
7本をひたすら観まくり

でもインソムニアは最後、時間切れ
ラストはどうなるのか
誰か教えてくださ~い

帰国して食べたい物は
なんですか?
って同行した方に聞くと
「お茶漬け~」と言われました。
確かにANAの機内で有料でお茶漬けを出していたけど…。

広島人のソウルフードのお好み焼きか?
これは県外から帰ってきたら
食べたい一品

やっぱ、蕎麦かうどんかしらん…

で、行ったのは…
ラーメン
広島ラーメンのレジェンド的存在の「陽気」で

やっぱり美味しい(笑)

無事に帰りました

Me ke aloha pumehana

ニューオリンズ最終日

Aloha~


ニューオリンズのコーヒーは
とても美味しく
お気に入りは毎朝飲む
モーニングのコーヒー


ここのコーヒー消費量は
アメリカ第2位らしい。
コーヒー焙煎工場もありその技術を誇っているから
美味しいそうです。


さらにコーヒー好きなフランス人の影響もあり
ジャクソン広場に面した
1862年からベニエ一筋の
ニューオリンズ名物、
あの“カフェ・デュ・モンド”の本店がありました。

ベニエとカフェオレ!
量はやっぱりすごかった


ニューオリンズでは
墓地そのものも他では見られない独特の文化で、
一見の価値があるそうです。
標高が低いため洪水に見舞われるため地下に埋葬できず
18世紀から“家”を作ってその中へ納める築山式墓地。
まるでミニチュアハウス。

ハリケーンカトリーヌの
爪痕はまだ残り
それが、観光地と化していた。


あと、世界屈指のカーニバル
マルディグラ”に関するお店が多く
投げられるビーズのネックレスが至るところに
昨日もバーボン通りを歩いてたらいきなり上から投げられびっくり

来年は3月8日とか…

学会の65thの記念イベントに参加。ジャズの夕べ
ジャズオーケストラの音は最高!圧巻

音楽と学割と若作りは国境を越えることが今回はわかった(笑)


さあ、日本に帰ろう!

朝4時にチェックアウト

Me ke aloha pumehana

ニューオリンズ第三日目

Aloha~

今日は
遂に国際学会デビューです

早くから目覚め、軽く緊張…

この学会は朝6時から
Walk&Runの企画とか、
6:30からシンポジウムがあったりと
朝早くから真面目に企画されています。
私も朝8時から10時までの
Face-to-Faceのポスターセッションに参加。

で、なんとか無事に終了

ランチはヒルトンホテルで
ハンバーガーを
量がハンパない


午後も真面目に分科会、シンポジウムに参加。

夜は遂に
フレンチクオーターに。
夜のバーボン通りは一見の価値あり!と降り立つと…


なんだ!ここは!
ヤバイ、ヤバすぎる…(゜_゜…
JAZZ、BLUES、R&B、ROCK、DiscoSound…様々な音色とリズムがごちゃ混ぜになって通りに流れ、ざわめきと悲鳴に近い歓声、客引きのオニイサン、裸に近い格好のキレイな脚のオネエサンに女の私も目を奪われる、ジャズのメッカの歓楽街

もう15くらい若かったら
一緒に楽しめたかも…(笑)


ディナーは、
ニューオリンズいちと評判の
プライムリブを!

海外の肉はホント食べれないことが多いけど超~美味い
ヤバイ
でも量がハンパない。

それにしても
黒人のスタッフさん、運転手さん、コックさんから
面と向かって笑顔で「Beautiful!」と連発され…。
Thank you!
リップサービスでも嬉しいです。アメリカには若作りしてくるもんだ(笑)

Me ke aloha pumehana

ニューオリンズ第二日目

Aloha~

今日は一日真面目に(?)勉強しました。

朝、受付。
学会の参加費を払いますが
普通に払うと約6万円

一緒に行った先生方が
「そういえばあなた学生じゃない?昨日も未成年に見られたくらいだし…(笑)」と
学生証を持参していないのに
交渉すると、
なんと学割で参加費が4万円も
得してしまった
恐るべし万国共通の学割

日本の学会と違うのは
名前や所属の入った名札を
目の前で作成してくれますが
メインの名前はファーストネーム。
とってもフレンドリーな感じ。

とりあえず総会に出ながら
分科会のチェック。

医療から看護、栄養、リハビリからソーシャルワークなど
あらゆる方面からgerontology(老年学)を研究してる学会のようです。

こんなにいろんな人が
高齢化しつつある世界のために研究してるから未来は明るいんじゃない?
あと、認知症の研究が流行っているみたい…。

ランチはヒルトンのレストランで、
シーフードパスタ
量がハンパない

ヒルトンの横には
ミシシッピ川!
なんか外国みたい(笑)

夜はミシシッピ川で
ジャズを聞きながらディナークルーズ
クレオール料理が並びました
JAZZ was born here!
「聖者の行進」を
本場で聞きながら
夜は更けていく…

ホント、アメリカみたい

Me ke aloha pumehana

ニューオリンズ第一日目

Aloha~

ニューオリンズでの
アメリカ老年学会(GSA)に参加してきました。

ここで珍道中を~

といっても、あまりに
ロングディスタンスでした

広島→成田→シカゴ→
ニューオリンズでしたが
シカゴからの乗り継ぎが5時間
トータル19時間かかりました。

機内では、大好きな映画三昧。来週映画館で見る予定だったシングルマン、見逃してたSALT、ハナミズキ、おかんの嫁入りを立て続けに見て。

シカゴではやることがないので、スタバ行ったり雑誌みたり…
あ、空港がナイトミュージアム化してました。


また、インフルエンザの予防接種ができるようで…

$35でしたが、日本じゃ衛生的に考えられない

シカゴまであまり寝れなかったので
次の機内で寝ようと店内で付き合いがてら赤ワインを飲んでたら、
店員のおばさんがものスゴイ剣幕で
「あなたなんで飲んでるの!ここでは21歳以上よ!パスポート見せなさい」ってめっちゃ怒られた
パスポート見て、落ち着いたみたいだけど、ここは喜ぶべきなのか…?


やっとニューオリンズに着きました。
ルイ・アームストロングさんにお出迎えされ


ホテルにチェックインし、100メートル先の会場のヒルトンホテルへ。

レセプションに参加。

書店や大学や企業のスポンサーブースがある場所で皆さん飲むは食べるわ…



日本では見たことない光景…
企業や、大学のやってることもハンパない

ボールペンやメモ帳やいろいろお土産をいっぱいもらいました。
太っ腹


世界はやっぱりスゴイ

Me ke aloha pumehana

プロフィール

yukojaro

記事検索
  • ライブドアブログ