メケアロハプメハナ☆

みなさん、ALOHA~! Me ke aloha pumehana(メケアロハプメハナ) とはハワイ語で「心からの愛をこめて」 という意味です。 これからの超高齢社会の介護とかについて、気が向いたら愛をこめて(?)つぶやいています。 そして、もうひとつ書いていたBlog“いきなり末期がん患者の家族ですけど、何か?”の続編をこちらで書き続けたいと思っています。 どうぞ、つぶやきにお付き合いください。

まだ熊本地震は終わっていない

12月に入って
やっと熊本に行けました。
2016-12-03-09-12-23

4月14日の地震から半年以上経ってしまいましたが、
現在熊本で生活している広島の教え子にいろいろ案内してもらい
やっと被災地に入ることができました。
2016-12-02-10-46-06

2016-12-02-10-58-22


最初に「にしはらたんぽぽハウス」さんに
お邪魔しました。
2016-12-02-12-13-09

2016-12-02-12-13-19

ここは就労Bと地域活動支援センターⅢ型ですが、
震災直後は避難所として、地域の支援拠点だったそうです。
その後は毎週金曜日に行われている絆食堂を復活させたそうで、
名物のラーメンを食べることができました。
2016-12-02-12-13-25

2016-12-02-11-39-58

2016-12-02-11-25-37

2016-12-02-11-20-12

2016-12-02-11-09-15

2016-12-02-11-19-29

2016-12-02-11-19-34

2016-12-02-11-19-41

2016-12-02-12-01-58

2016-12-02-12-09-37

2016-12-02-12-13-39

いい雰囲気の施設で、施設長さんの暖かいお人柄に触れることができ、
心もお腹も温まりました!

次になぜか小規模多機能の施設へ。
2016-12-02-12-54-51

ここでは、熊本のDCATさんたちが
施設長さんのご厚意で
拠点としながら活動されているとのこと。
DCATとはDisaster Care Assistance Teamで、
DMAT(Disaster Medical Assistance Team=災害派遣医療チーム)の
ケア版(福祉、介護)です。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6622ZFJ66UBQU001.html
https://matome.naver.jp/odai/2146175874559581101
みなさんにヒアリングをさせていただきましたが、
現在、仮設の方をまわられているそうですが、
避難所でのケアの大変さと関係職種との連携の困難さ、
また被災者の方々の二次被害、三次被害をどう支えるのか・・・。
仮設でのコミュニティの形成の難しさなどなど、課題が山積しているようです。
まだまだ復興には時間や労力が必要です。
2016-12-02-16-01-38

そのあとに益城町へ。
2016-12-02-15-46-03

2016-12-02-15-04-48

図書館では、きちんと今回の災害に関する書物等を
災害文庫という形で展示されていました。
2016-12-02-15-08-04

2016-12-02-15-12-24

2016-12-02-15-13-35

2016-12-02-15-13-45

2016-12-02-15-18-14

2016-12-02-15-18-47

2016-12-02-15-19-21

2016-12-02-15-19-31

避難所だった体育館は休館でしたが
当時の状況がまだまだ残っていました。
2016-12-02-15-25-54
2016-12-02-15-28-16
2016-12-02-15-28-37

益城町。
2016-12-02-15-48-11
2016-12-02-15-52-26
2016-12-02-15-56-04
2016-12-02-15-58-51

2016-12-02-16-02-13

まだまだ、熊本地震は終わっていませんでした。

でも、くまモンに会いたい!ということで
2016-12-02-17-21-42
2016-12-02-17-27-38
2016-12-02-17-29-14
2016-12-02-17-30-28
2016-12-02-17-31-06

いろいろあるんですねえ。

翌日の午前中は熊本城へ。
2016-12-03-09-22-10
2016-12-03-09-24-13
2016-12-03-09-16-35

修繕には30年かかるそうです。

熊本城の中には入れなかったので…
2016-12-03-09-44-51
2016-12-03-09-48-54
2016-12-03-10-37-04
2016-12-03-10-37-41
2016-12-04-10-29-13
2016-12-04-10-29-17
2016-12-04-10-29-21

だんだん、何をしに熊本に来たのか
不安に駆られましたが…

ちゃんと熊本のヘルパーさんに
お話をしてきましたよ。
2016-12-04-10-29-25

2016-12-04-10-29-35

いつも呼んでいただき
ありがとうございます。

仮設住宅で生活が落ち着き始める一方で、
避難生活が長期化し、多くの被災者に疲労が蓄積していると考えられます。
未だに先が見通せず、不自由な暮らしを続けながらも
復興・復旧向かって努力されています。

熊本地震はまだ終わっていません。

熊本まで、ぜひ一度足を運んでみてください。

現地に行けば、被災地の方たちが今どんな支援を必要としているのか、ニュースではわからない本当のニーズが見えてきます。

被災地が一日も早く日常を取り戻すために、
私たちにどんな支援ができるのか。
まずは被災地の今を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

Me ke aloha pumehana

長崎にて…(*´-`)

とある東京のデパートで、クレジットカードを紛失して。
デパートのインフォメーションの受付嬢さんに泣きついて、結局見つかって。
それから、半年後、とある神奈川のホテルのロビーで、その受付嬢と出会ったんだって。偶然ってすごいなあって聞いてたら、その人が今16年付き合ってる彼女さんらしい。

「どうして結婚しないんですか?」って聞いたら「今彼女は、若くして介護が必要となったお母さんの看病を10年以上してるんですが、それを悔いなくやることが彼女の幸せなら、僕はいつまでも待てます」とのこと。「結婚はただの制度じゃないですか。その制度に振り回されてどこが幸せなんですか」。

長崎からその人は神奈川に住んでいる彼女さんに時々会いに来られるんだけど、介護してるお母さんの調子で、逢えたり逢えなかったり。「でも、僕は逢えなくても彼女が住んでいる近くのホテルに泊まっているだけで、心が安定して幸せなんです。それをこの16年つづけています」。この人は神かと思った…。

その人は、くも膜下出血を繰り返し、乳がんと精神疾患で苦しむ彼女のお母さんが、入れるグループホームとかを作りたいのが今の夢です、と語ってた。まだ、40歳になったばかりの彼女さんは、その話を聞く度に喜んでくれるそうで。 私も介護の仕事に興味あるからって。

嫉妬と妬みと怨みにばかり苛まれる私の恋愛観をひっくり返してくれた話しを、長崎で聞けたことが、今回の出張の成果かもしれない…(*´-`)
こういう2人をベターハーフというのかもしれない。
ココロから幸せになってほしいと本気で思った。

Me ke aloha pumehana

image

介護の学校~♡

介護(かいご)の学校という
イベントに出会ったのは2年前。
東京に来た時に
大学時代の友人と八戸で会ってから。

八戸で2年前にみたのは、
あらゆる世代の介護職を巻き込んだ勉強会『かいごの学校』。
1日の勉強会にたくさんの講座を用意し、
トークイベントやライブも。現場に即、役に立つ内容だったり、
介護職が集い、仲間を増やせる内容だったり、多岐にわたっていた。

介護って、利用者が100人いたら
100通りのケア方法があるといわれるものだから、
何がいいか悪いか、
とにかくいろいろ並べてみて、利用者に合わせて
その人が「生きていて良かった」と思ってもらえるように
介護職や福祉職が取捨選択しながら
学べる場をこのように設けることができるっていいなって思った。

それを東京(清瀬)で友人がやっていて。
だったら、今、職場のある埼玉でそれができないかと。
埼玉の介護をもっと面白くできないかと始めたのが
「介護の学校in埼玉」です。

11月11日は厚生労働省認定の「介護の日」で。
なので、その前後にこの企画を当てています。

昨年、初めてやったのですが、
なんと、私がその日に秋田に出張で。
今回の第2回は、私が企画に携わり、当日の様子をみることができた
最初の介護の学校in埼玉でした。
2016-11-06-10-50-57

昨年は東洋大学で。
今年は浦和大学で行いました。
TMK_9904

TMK_9903

なんたって、学校ですから、学校でやらないと意味がない。
TMK_9689

埼玉の介護福祉士養成施設協会と
埼玉県介護福祉士会の企画ということで、
多くの皆さんに支えていただきました。
もちろん、学生のボランティアにもおんぶにだっこです。
ありがとうございます。
2016-11-06-08-10-55

2016-11-06-08-10-44

TMK_5214

TMK_9808

TMK_9809

全19講座が開講しました。
TMK_9806

TMK_5189

TMK_5271

TMK_5269

TMK_5321

もちろん、私も講座の企画もしております。
TMK_5199

TMK_5198

で、何を語ろう。
長年の夢でありました、恩師である中島紀惠子先生が
一肌も二肌も脱いでくださり、
なんと、30年前に「介護概論」という科目の立ち上げに奮闘してくださった
中島先生と、日本介護福祉学会の会長の太田先生と
日本発の厚労省の介護福祉専門官だった本名先生の
鼎談が実現しました!
TMK_0059

TMK_0063

TMK_0065

TMK_0067

TMK_0068

TMK_0070

いまどきの介護って結構カッコイイというイベントも
嫌いじゃないですが
介護の歴史をきちんと聴く機会って
本当に大事だと改めて思った会でした。

30年前の
社会福祉士および介護福祉士法の制定。

そして、国家試験。

先生たちの深い想いと期待が入り混じった
国家資格でしたが
期待に添えているんでしょうか。

今、その国家試験の問題を作っているのは
本当に恐れ多いですが、
期待に応えているでしょうか…。

懇親会では、
その先生方が
自ら若い人たちのところに言って
お話されていることがとても印象的でした。
TMK_0080

TMK_0085

TMK_0094

TMK_0095

TMK_0096

TMK_0098
TMK_0099

TMK_0102

TMK_0103

TMK_0106

TMK_0111

TMK_0114

TMK_0122

2016-11-06-19-15-26

2016-11-08-10-43-43

介護現場も教育の場も壁を越えて企画し、
学生も住民も介護職もいろんな人が
いろんな考え方を学ぶ会。
みんな、介護の現場が
どうしたら良くなるのか
日々あれやこれや考えているんですけどね。

介護の学校が
もっともっと全国に広がって
もっともっとみなさんが
介護に興味を持ってくださったら
ありがたいです。

本当に様々な方たちに支えてもらった会です。

ありがとうございました。

Me ke aloha pumehana
プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ